Fandom

RWBY Wiki

エンバー・セリカ

145このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

エンバーセリカ(Ember Celica)はヤン・シャオロン の使用する武器である。両手に装着する一対の双射程散弾籠手(Dual Ranged Shot Gauntlets:DRSG)であり、”Yellow” Trailer で初めて登場した。

概要編集

 普段はブレスレットの形を取っており、起動すると手と前腕を覆う籠手になる。この武器自体は金色で、装填されたショットシェルは赤色の物とオレンジ色の物がある。

 内部には、腕に巻きつくように、12発のショットシェルを装填できる回転式弾倉があり、左右合わせて最大で24発装填できる。銃身は灰銀色で、ガントレットの前部、人差し指と中指の付け根の上辺りに隠れている。

 この武器の役割は、瞬間的に運動エネルギーを放出することであると思われる。発砲の際は爆発や炎に似た閃光を放ち、敵を大きく吹き飛ばすことができる。射出される弾丸は通常弾ではなく、着弾すると爆発する炸裂弾である。赤色のショットシェルがこれに対応すると思われる。

 赤いショットシェルはメラニー・マラカイトが弾を両断した際に、二つに分かれて地面に着弾し爆発したように炸裂弾である。これは、敵に弾が穴を開けていないことからも裏付けられる。ただし、敵がオーラで防御していた可能性もある。

 そのまま籠手として扱って対象を殴るだけでも非常に強力であり、ヤンがダンスフロアを一殴りするだけで、ダンスフロア全体に波打つような衝撃が走り、一度に多くの敵を転倒させた。

 クレセント・ローズ を扱う妹のルビー・ローズ と同様に、ヤンはエンバー・セリカを攻撃と移動の両方に使うことができ、殴りると同時に発砲したり、発砲の反動を利用して長距離を移動した事も有る。

 "Heroes and Monsters "で、ヤンはアダム・トーラス に右腕をエンバー・セリカごと切り落とされてしまった。その後、武器の行方は不明である。

トリビア編集

  • 「エンバー」とは消えかけの小さな炎、燃えさしを意味し、「セリカ」はラテン語の"coelica"に由来しており、神の、神聖なという意味を表す。
  • "Yellow" Trailerではエンバー・セリカは、クレセント・ローズのように2種類のショットシェルを使用していたが、効果は不明確である。
    • ショットシェルの一つはオレンジ色の薬莢で底部が赤い。もう一つは赤色の薬莢で底部が金色である。
    • オレンジ色のショットシェルは通常の散弾のようである。
    • 赤いショットシェルは、小型の炸裂弾のようである。これは"Yellow" Trailer でこれを装填して、メラニーミルシャに発砲した際に確認できる。ただし、これが本来の弾丸の効果なのか、ヤンの爆発/炎のようなオーラによるものかは不明。
    • "Yellow" Trailer という初期コンセプトで動いているもので見られる設定なので、本編で変わっている可能性は十分にある。
  • エンバー・セリカのショットシェルは爆竹に似ている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia