FANDOM


ネタバレなしに戻る


シンダー・フォール(Cinder Fall)[1]RWBYにおける敵対勢力の1人で、特にVolume 3までは最大の敵として描かれている。 彼女はセイラムが率いる邪悪な目的を持つグループのメンバーである一方、彼女自身も1つの小グループのリーダーである。

彼女の配下にはマーキュリー・ブラックエメラルド・サストライローマン・トーチウィックニオポリタン、そしてホワイト・ファング幹部のアダム・トーラスが居る。 RWBY Volume 3までの主な事件は彼女の陰謀によって引き起こされたと言える。

"Heroes and Monsters"にて、彼女は秋の乙女の力を受け継いだことで強大な力を得ている。 しかし、"End of the Beginning"にてルビー・ローズの謎の攻撃を受け、眩い光に包まれた彼女は、顔の左半分に大きな傷を負い左目を失うこととなった。 さらに、それ以来彼女は声をほとんど出せない状態となり、辛うじて一語ずつ喋ることが出来る程度である。 そのため会話の際はエメラルドが補佐している。

外見・衣装 編集

初期(Volume1-3) 編集

シンダーはアッシュブラックの髪と琥珀色の瞳を持ち、爪は暗赤色に塗っている。 "Black and White"では、彼女は口紅と紫のアイシャドウをつけていることが分かる。 服は暗赤色の肩を出したミニのドレスで、黄色のデザインが施されている。また、右の腰部分には青い羽根のようなアクセサリーが見られる。 ドレスの背中上部は野球のダイヤモンドに似た形に開いており、下部は逆三角形のテールが膝の辺りまで伸びる形になっている。 袖の先は三角形の形で伸びており中指を包む形になっている。また、手首の部分は金のデザインが施されている。

1101 Ruby Rose 10751

シンダーのタトゥー

ドレスの下には黒の下着を付けており、また首には同じく黒のチョーカーを付けている。 右耳には黒い宝石の付いた金のイヤリングを付けている。 靴は黒のガラス製のハイヒールで、右足には宝石で飾られたアンクレットを付けている。

背中の開いた部分にはハイヒールを2つ合わせた形の黒のタトゥーを入れており、それがちょうどハート型を形作っている。

なお、彼女がダストを使用する際は、これらドレスのデザイン部分やイヤリング、そして彼女の瞳が光り輝く。

彼女のドレスのデザインは日本や中国の伝統的なパターンに似ており、東アジア文化に影響を受けた衣装と言える。

制服(ヘイヴン) 編集

ビーコン・アカデミーでの行動時には、シンダーはヘイヴン・アカデミーの制服を着ている。 制服は長いカラーの付いたダークグレーのジャケットに、白のアームバンド、黒とグレーのチェックスカートで構成されている。 なお、ヘイヴンのほとんどの女子生徒はニーハイソックスを履いているが、シンダーは代わりに黒のタイツを履いている。

潜入用 編集

大陸間通信システムタワーへの潜入時には、シンダーは自ら縫った黒のスーツを着ている。 スーツは袖の無いジャケットとぴったりしたパンツ、長いグローブ、スティレットヒール、黒のマスクで構成されており、パンツにはいくつかのダスト粉末が取り付けられている。 このスーツもやはり、ダスト使用時はデザイン部分がオレンジ色に輝くようになっている。

シンダーはこのスーツを、ガラスがあしらわれた[2]黒のイブニングドレスに変化させることが出来る。

トーナメント時 編集

ヴァイタル・フェスティバルのトーナメントに参加した際は、シンダーは、グレーのパンツとブーツ、袖の無いベージュのレザージャケット、茶の手袋を身に付けている。 また、胸と腰回りにはさらしを巻いており、左肩には肩甲が付けられている。 パンツのベルトにはいくつかの小さなポーチが取り付けられている。

過去 編集

"Beginning of the End"の回想シーンでは、シンダーはショートヘアで登場している。 彼女の衣装はオリジナルのものと似ているが、袖がセパレートである点、胸の上部から伸びたストラップを首に結ぶ形である点が異なる。 また、履いているヒールはガラス製ではなく一般的な素材と思われる。 アンバーから力の一部を奪う前の時点では、背中の特徴的なタトゥーは見られない。

新衣装(Volume 4) 編集

Vol4 Cinder Concept Art

新衣装のコンセプトアート

ビーコン陥落後はシンダーの容姿は大きく変化している。髪はショートになっているが、自ら変えたのかルビーの攻撃による影響かは不明である。 失った左目を覆うように顔の左半分に黒いマスクを付けており、X字型の大きな傷痕が鼻の上から眉間にかけて見られる。 服は暗赤色のロングドレスで、左手側は非常に長い袖に覆われている。カラーと右腕の開口部には金の縁取りがあり、胸の上部と左の袖には金のデザインが施されている。

ドレスの右側は腰から下にかけてオープンになっており、腿の辺りの2か所の留め金から伸びた縄で前後を留める形になっている。 ドレスの下には黒いストッキングを履いており、右の腰部分には菱形の黒い宝石付きの羽飾りが付けられている。 ノースリーブの右腕には曲線的な金のリングが付いたグレーの手袋をしている。 右耳には黒い宝石の付いたイヤリングの他に、リング型のイヤリングも付けている。

人物 編集

シンダーは基本的に傲岸不遜かつ狡猾な性格である。普段の彼女は穏やかで落ち着きのある振る舞いを見せているが、必要とあらば武力行使をも厭わない。 また、明らかに戦闘不能となったピュラ・ニコスを容赦なく殺害していることからも分かる通り、非常に冷酷な性格である。 ローマンに対しては協力関係という言葉を使っているが、彼女が主導権を握っているのは明らかであり、事実、手から炎を出して見せることで軽い脅しをかけることもある。

彼女はローマンに対して「大きな計画」があると話しており、その達成のためにホワイト・ファングのメンバーを引き入れている。 この事から、非常に野心的かつ、自らの望みを何としても叶えようという強い意志があることが分かる。 ときには懸案事項に直接手を下すこともあり、ローマンが輸送ダストの強奪に失敗した際はすぐさま駆け付けている。

また、彼女はいかなる状況にあっても失敗や遅延を許さない性格であり、そのためにローマンの行動にも注文を付けている。 さらに自らに従わない者にも厳しく、言いつけを守らなかったエメラルドとマーキュリーを叱責することもあった。

計画立案に関してはシンダーは秘密主義であり、ローマンに対しても必要最低限のことのみ伝えている。 彼女は自らの計画に絶対の自信を持っており、想定外の事態にも平然としていることがほとんどである。 例えば彼女たちのことを調査しているクロウがビーコンに現れた際にも、何も懸念は無いという様子であった。 オズピン達が彼女達の正体に気付いておらず、ビーコンに潜入していることも突き止められていないということも彼女の自信に繋がっている。 また、シンダーは自らの力量にも自信を持っておりアトラス兵やルビーに正面から戦いを挑んでいる。 事実として彼女は並外れた力量を持つ戦士ではあるが、ルビーやピュラから攻撃を受けたこともあり、完全無敵というわけではない。

シンダーは力と支配を強く求めており、また回想では恐れられる存在になりたいとも言及している。 その意思の現れとして、ローマンやピュラに対して自らの力を誇示する場面がある。

ビーコン・タワーでルビーの攻撃を受けたことによってシンダーは大きな屈辱を味わうこととなった。 そのためVolume 4では以前のような自信は見られず、セイラム陣営の他メンバーから受ける侮辱に対して苛立ちを隠し切れていなかった。 また、"Taking Control"ではティリアン・キャロウズが狂ったようにベオウルフをなぶり殺しにする様子に対して戸惑いの表情を見せている。 ルビーに対しては激しい復讐心を持っているようであり、"No Safe Haven"ではエメラルドが作り出したルビーの幻影に業火を浴びせていた。

技能と能力 編集

1101 Ruby Rose 10783

シンダーの能力

シンダーは戦闘に関して卓越した技量を持っており、"Ruby Rose"ではグリンダ・グッドウィッチに匹敵、もしくは上回る能力を見せていた。 このときの戦闘で彼女は炎を応用した技をいくつか使用しているが、 特に強力な火炎弾を頻繁に繰り出しており、それらはグリンダの操る瓦礫を弾き返していた。 後に分かる通りシンダーは秋の乙女の力の一部を手に入れており、そのこともこの能力に影響していると思われる。

1101 Ruby Rose 11041

攻撃を防ぐシンダー

また、シンダーはオレンジと黒に光る円を召喚し地面を爆発させたり防御に使用することができ、 それによってクレセント・ローズの銃撃も容易に防いでいる。 推測を含むが、この防御技術はオーラによるものであり、ライ・レンキング・タイチートゥに使用していたものに近いと考えられる。 また、力が奪われる前のアンバーは同じような技をエメラルドに対して使用している。

シンダーのいくつかの能力は、発動時に高いホイッスル音が聞こえるのが特徴である。 また、シンダーやアンバーは能力発動時に目が光ることがあり、これは乙女の力を使っている証だと思われる。 なお、シンダーは秋の乙女の力を完全に手に入れる前は右目のみが光っていた。

ダスト技術 編集

シンダーはダストの扱いに関して卓越しており、戦闘においても巧みに使いこなしている。 彼女は空中に撒いたダスト粉末からガラスのような欠片を生み出し、それを撃ち出すことが出来る。 また彼女はダストから黒いガラスで出来た2本の剣を生み出すこともでき、それを弓に変化させることも出来る。 ピュラとの戦いではダストで出来た武器という特性が活かされており、シンダーが放った矢は盾によって粉砕されたにもかかわらず、即座に形状が復元されピュラを貫いている。 シンダーは自らの服にもダストを縫い込んでおり、それによって服装を瞬時に変化させることが出来る。

近接戦闘 編集

シンダーは体術や剣術にも優れており、複数のアトラス兵を相手に無傷で切り抜けている。 その際彼女はアトラス兵に警戒されることも厭わず正面から堂々と近寄っており、自らの技量に自信があることが伺える。 その自信は彼女を追ってきたルビーに対しても同様で、笑みを浮かべながらあっさりと姿を見せている。

隠密行動 編集

"Dance Dance Infiltration"で見られたようにシンダーは隠密行動も得意である。 潜入時は警備兵の背後から忍び寄って倒し、逃走時もダンスに紛れ込むなど計算し尽くされている。 また、シンダーはマーキュリー、エメラルドと共に正体を隠してビーコン・アカデミーに侵入しているが、これについても見事に成功しており彼女達に疑いを持つ者は誰も居なかった。

弓術 編集

"Dance Dance Infiltration"と"Beginning of the End"ではシンダーの弓術も垣間見ることが出来る。 彼女は同時に3本の矢を放つことができ、その上非常に精密である。 "Beginning of the End"ではアンバーがエメラルドを攻撃する直前にその背に矢を命中させている。

その他の能力 編集

完全な乙女の力を手に入れたことで、シンダーはより強い炎を操る能力や飛翔能力も得ている。 また、彼女は巨大な物理攻撃にも耐え、放った矢を復元し、掴んだものを溶かすなどの能力も見せている。

シンダーは操縦技術にも長けているようで、グリンダの攻撃を受けながらブルヘッドの安定性を保っていた。

弱点 編集

秋の乙女として強大な力を得たシンダーだが、"The Next Step"でセイラムが述べたところによると、それによって銀の目の戦士に対しては弱くなってしまったとのこと。 つまり常人よりも銀の目の力の影響を受けやすくなったということのようだが、詳細については語られていない。

トリビア 編集

  • シンダーには、おとぎ話のシンデレラを彷彿とさせる要素がいくつかある。
    • Volume 1のコメンタリーでは、彼女の靴はガラスで出来ていると述べられており、実際に"Ruby Rose"では彼女が歩くときにガラスのような音がしている。また、シンダーの能力もガラスに関連したものが多い。
    • Miles LunaKerry Shawcrossは、「最初はシンダーの名前を"Cinder Ella"(シンデレラと同じ綴りで、"Ella"はスペイン語風に"エーヤ"と発音する)にしたかった」というジョークを言っている。[3]
    • シンダーのエンブレム及び背中のタトゥーは2つのハイヒールを合わせたものであり、これもシンデレラの象徴であるガラスの靴を彷彿とさせる。
    • "Dance Dance Infiltration"では、マーキュリーがシンダーに対して深夜12時には戻った方が良いと告げており、彼女はその通り深夜12時の直前に戻っている。また、その途中で彼女は潜入用スーツをドレスに変化させ、ガラスのマスクを捨てている。これらの要素もシンデレラと類似している。
  • シンダーという名前は"灰"を意味しており、炎を操る彼女の能力に関連している。フォールという姓は季節の1つである秋を意味しており、琥珀色や茶色をイメージさせる。
  • Monty Oumは、シンダーはルビー・ローズやヤン・シャオロン[4]ブレイク・ベラドンナ[5]の母ではないと明言している。

参考文献・脚注 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。