FANDOM


ニオポリタン (Neopolitan) シンダー・フォールの部下の一人である。ローマン・トーチウィックの補佐を務めることが多く、「Neo (ニオまたはネオ)」の愛称で呼ばれている。武器は刃物が仕舞われた。初登場は"Painting the Town..."。

"Heroes and Monsters"にて、アトラシアン・エアシップ機上でルビーに傘を開かれ外へ飛ばされてしまったため、現在生死不明。

外見・衣装 編集

ニオの容姿はナポリタンアイスクリームをモチーフにしており、髪の左半分はブラウン、右半分はピンクに白のメッシュが入っている。目の色は左右それぞれ茶、ピンク、白に変化させたり入れ替えたりすることができるが、茶色とピンクのオッドアイであることが多い。

服装は内側がピンクの白いジャケットに茶色のパンツで、黒のロンググローブと白のハイヒールのロングブーツを身に着けている。ジャケットの下には茶色のコルセットを巻いており、首には様々な種類のネックレスをかけている。

ニオは作中で最も背が低い人物であり、Monty Oumが公開した公式のハイトチャートでは作中に登場する人物のうち最年少であるルビーよりも背が低い。"No Brakes" でハイヒールを履いていてもヤンの顎に届く程度の身長しかないことがわかる。

変装 編集

"Round One" でヴァイタル・フェスティバル・トーナメントに参加した際、ルビーたちに正体を悟られないよう変装していた。髪は黒に明るいメッシュを入れたツインテールで、目は緑(普段の色に変えることもできる)。胸と首に白のレースがついた袖なしの黒いブラウスと、似たデザインで膝まであるスカートを白のベルトで締め、両手首にアームバンドを巻いている。また、靴の底には彼女のエンブレムである三つ巴が彫られている。

"Beginning of the End" では、黒のショートヘアに紅紫色の目で救急隊員の制服を着て変装した。

"PvP" では、普段通りの姿にアトラス軍の制服を着ただけであった。

ちなみに、これらの変装をしているときでも前髪だけは常に同じである。

人物 編集

ホワイト・ファングの集会ではビジネスライクな態度だったが、"Painting the Town..." でローマンが負けた後に割り込んだ時は、大胆にも不敵な笑みを浮かべてチームRWBYに向かってお辞儀をして見せた。この大胆さはヤンとの戦闘の際も見られ、終始あざけるような笑みを浮かべていた。その前にヤン、ワイスブレイク三人の前に姿を現した時も同様だった。

ニオはサディスティックな面もあり、ヤンを傘の仕込み刃で突き刺そうとした時にも微笑んでいた。一方で格上の相手に対峙した時は顔色が変わり、怯んだ様子を見せる。レイヴン・ブランウェンが現れたときは笑みが消え目の色は白になり、攻撃される前にその場から姿を消した。

技能と能力 編集

彼女は優れた戦闘技術を持っている。"No Brakes" でヤンと1対1で戦った際は一発かすった以外にはなにも攻撃を受けずに勝ち、遊んでいるかのようだった。その反射能力とスピードでヤンの攻撃を傘を差したままでいとも容易く避けている。"Heroes and Monsters" ではルビーのスピードに容易く対応し、ほとんど一撃で負かしている。

彼女は自身の小柄な体格と機敏さ、センブランスを活かして攻撃を躱し、相手の隙をついて足で攻撃するという戦法をとっている。

武器 編集

ニオの武器は傘で、中棒の中に長く鋭い刃が仕込まれている。手元をそのまま剣の柄のように使うことができ、傘体はエンバー・セリカの炸裂弾を完全に防ぐほど強力な防御力を持つ。"No Brakes" の近接戦闘時は開いた傘を使ってヤンの攻撃を受け流しカウンターのきっかけを作っていた。

センブランス 編集

ニオのセンブランスは「誰にでも見える、実体のある幻影 (Illusion)」を作り出すことで、それは十分に現実として通用するほどのものである。幻影は自在に消すことができ、その際はガラスが割れるように消える。作中で初めてセンブランスを使ったのは、"Painting the Town..." でローマンとともにエアシップに乗り込んで逃げるまでの時間を稼いだ時である。ニオはセンブランスの使用に熟練していて、戦闘中に自身の幻影を作り出して相手に誤認させ、その間に死角から攻撃する。

幻影は自身や他人の像に限定されず、服・髪・目・肌の色を変えることもできる。先述した "Round One" や "Heroes and Monsters" での変装もこの能力によるものである。

その他 編集

"Beginning of the End" では、シンダー、マーキュリーエメラルドがヤンを陥れた後、彼らをエアバスでどこかへ送り届けており、有能なゲッタウェイ・ドライバーであることが窺われる。

トリビア 編集

  • 2014年7月8日から11日にかけて、モンティはニオのモチーフがナポリタンアイスクリームであることを、ナポリタンアイスクリームの画像をツイートすることでほのめかした[2][3][4]。これは本編に登場するずっと前のことで、Volume 2 トレイラーで姿を見せた数日後である。
    • これは Volume 2 トレイラーを見たファンたちがニオに気づき、議論していたことに対する対応かもしれない。彼女が発見されてすぐにこれらのツイートがあった。
  • Neo- (νεο-) はギリシャ語の接頭辞で「新しい」という意味である。英語では、neo- は「現代的な」「最近の」「新しい」などを意味する接頭辞である。Neopolitan という単語自体はギリシャ語の Neápolis (Νεάπολις) から来ており「新しい街」を意味する。Neo はギリシャ語で「若い」「未熟な」という意味もあり、主に医療用語として使われる。
    • 記事冒頭の通り、Neo のカタカナ表記には2種類ある。伝統的に YouTube 本編字幕ではニオであり、ファンの間ではその可愛らしい語感からかニオと呼ばれることが多いが、ワーナー版ではネオとなっている。ネオという呼び名は誤りではない。ローマンはニオと発音しているがニオンと発音されるキャラのカタカナ表記はネオンだし、ニオポリタンの語源を深くたどればギリシャ語のネオに至るためである。
  • ニオは自分の意思で目の色を変えることができ、たいていはピンクと茶色を入れ替えている。白にも変えることができる (これによりアイスクリームの色が揃う) が滅多にしない。彼女が傘から剣を抜いた時に片目が白くなっており、レイヴンが現れた時は両目とも白くなっていた。後に、トーナメントで変装のために緑、救急隊員の変装のためにマゼンタに目の色を変えていた。
  • Gray G. Haddock はニオに声優がいることを認めているが、映像上で喋ったことが一度もない[5]。Volume 2 では何ら声を発しておらず、戦闘中のうめき声さえ発しなかったが、"Round One" と "Heroes and Monsters" では声にならない音を発している。
  • ニオのネックレスはココやレイヴンのものとよく似ている。
  • ニオは今のところ唯一の異色症 (要はオッドアイ) のキャラだが、ブレイクの初期コンセプトアートで黄と青のオッドアイだったことから[6]、彼女も当初そうなる予定だったとみられる。
  • ニオがチェシャ猫を暗示しているわけではないことは確認されている[7]

参考 編集

  1. 藤村鼓乃美のツイート
  2. モンティ・オウム のツイート
  3. モンティ・オウムのツイート
  4. モンティ・オウムのツイート
  5. RWBY Aftershow
  6. Blake Belladonna Concept Art
  7. AfterBuzz TV