FANDOM



ブレイク・ベラドンナ(Blake Belladonna)は本作の主人公の一人である。武器は肉切り包丁のような鞘と鎖鎌に変形する刀と拳銃が内蔵された柄からなるガムボール・シュラウドである。

"Black Trailer"にて初登場、ホワイト・ファング幹部のアダム・トーラスと共にシュニー・ダスト・カンパニーの輸送列車を襲撃、物資を強奪しようとするが、列車の乗務員の命を顧みないアダムのやり方についていけず、最後は列車を切り離してアダムおよびホワイト・ファングと離別する。

その後は自身の素性を隠しビーコン・アカデミーに入学、ルビー達に出会いチームRWBYの一員となった。

外見・衣装 編集

初期 (Volume 1から3まで) 編集

ブレイクは色白の肌をした若い女性で、琥珀色の瞳と黒く長い髪を持つ。頭頂部でリボンを大きな蝶結びにしており、これは彼女がファウナスとして受け継いでいる黒い猫耳を覆い隠し、偽装する役割を果たしている。彼女は紫のアイシャドウを用いてキャットアイ・メイクを施している。

ボタン留めの燕尾の黒ベストを着用しており、その前面には銀色のボタンが1個付いている。その下には、袖のないハイネックの、白のクロップシャツを着て、両脚の前面にファスナーのついた白のショーツを履いている。ファスナーには、実在する日本のファスナー製造業社であるYKK社のロゴが描かれている。

彼女はさらに、黒のローヒールブーツと、足首にかけて黒色から紫色のグラデーションになっているストッキングを着用している。両腿の外側の、白のショーツとの境目のすぐ下に、彼女のエンブレムがあしらわれている。左腕にはデタッチト・スリーブをはめ、上腕部で銀色のカフによって留めている。また黒いリボンを両腕の前腕部に巻いている。小さなゆったりとしたスカーフを首に巻き、グレーの磁石式バックパックを背負っているが、これは髪で隠れている。

パジャマ 編集

ブレイクのパジャマは、紫色のアンダーシャツの上に白い縁取りのある黒色の長袖の浴衣式のシャツと、それに合うスカートである。腰の周りに黒の帯を巻き、黒と白の紐で結んでいる。彼女は眠る時も猫耳を覆うリボンをつけている。

ローマン・パラディン戦 (イントルーダー) 編集

"A Minor Hiccup”と"Painting the Town…”では、ジップアップ式でVネックの、裾が黒の切り替えになっている白のクロップシャツを着用している。シャツの左半身に、オフホワイトで彼女のエンブレムがプリントされている。

両脚の外側にグレーの縦ストライプが入った黒のパンツを履き、黒のベルトを着けている。ベルトの背中側には、腰部分を覆う黒の布と、その下にそれよりも長い半透明の紫の布が付属している。2本のバックル付きストラップを備えた、靴底が紫色になっている、ふくらはぎの中程までの長さの黒のハイヒールブーツを着用している。初期の衣装と同様、両腕の前腕に黒いリボンを巻きつけ、頭頂部で黒いリボンを蝶結びにしている。

この衣装は”Intruder”と名付けられている。

ダンスドレス 編集

ビーコン・ダンスパーティー中のブレイクは、紫色で首のストラップ部分が黒いホルターネックのショートドレスを着ている。このドレスはアシンメトリーなデザインで、右側面にスリットが入っている。肩と胸元と背中は半透明の黒いメッシュ生地で覆われている。装飾的な黒い渦巻き模様がドレスの左側に入っていて、左のストラップに続いている。足元は黒いパンプスである。

制服 編集

ビーコンの他の女子生徒同様、茶色の靴、赤いタータンチェックのスカート、栗色のトリムと細い赤のリボンが付いた白のブラウス、金ボタンの付いた茶のベスト、金のトリム付きの栗色のブレザーを着ており、黒いハイソックスを履いている。

新衣装 (Volume 4 - 現在) 編集

ビーコン陥落に続くタイムスキップ後の新しい衣装は、グレーの裏地の白のロングコートと、袖のない黒のクロップトップからなる。クロップトップの襟ぐりには長方形または菱形のカットアウトが入っている。さらに、黒のフィットパンツと白のベルトを着用している。

胴体にストラップを斜めがけしており、ストラップに入っている小さな磁石のクリップを用いて、鞘に収めたガムボール・シュラウドを固定している。腿までの長さで、開口部を金色で縁取りしてある黒のヒールブーツを着用している。左のブーツの腿にベルトを2周回している。左右のブーツの腿の外側にはベラドンナのエンブレムがあしらわれている。ベルトの左側に白いポーチが取り付けられている。

"Of Runaways and Stowaways”で、ブレイクは頭頂部のリボンを外し、海に捨てた。

人物 編集

彼女の声を担当している声優のArryn Zechは、ブレイクのことを”mellow(落ち着いている)”と表現した。ブレイクはたいていの場合は冷静で、口数が少なく、慎重であるが、ユーモアが欠けているわけではなく、通常それは真面目な顔で発する当意即妙な言葉や皮肉という形で発揮される。

ブレイクは内向的な人物として描かれている。彼女は目前で行われる活発な対話から距離を置くために読書をしていたが、シリーズが進むにつれ、よりお茶目な親しみやすい人物として描かれるようになった。また彼女の種族の歴史や苦境について話し合う場合には最も精通している様子を見せる。

ブレイクはファウナスとして過去に差別に直面し、人間と関わる際には、種族ではなく人柄によって遇されるためにリボンで猫耳を隠すようになった。彼女は人類を憎悪しているわけでは全くないが、一方で、現実世界がどのように回っているのかを目にし、どうすれば憎悪と苦痛の長い年月を取消せるのだろうかと考えている。

ブレイクの過去は彼女の性格に悪い影響を及ぼしており、時に意固地な態度や睡眠障害、人間不信に陥ることがある。しかし彼女は強い正義感を持っている。先代の平和的指導者の頃のホワイト・ファングのメンバーとして、ブレイクは人間に対する残虐性や憎悪に強く反対している。彼女は自分のセンブランスを、自身の持つ闘争を回避しようとする傾向の恃むところと見ている。ホワイト・ファングによって引き起こされる闘争については特にそれを避けようとする傾向があるが、サンはそれに関して、彼女が友達を助けようとするのと同じように友達は彼女を助けようとすること、その意志を尊重することを彼女に納得させた。

ネコのファウナスの特色として、他にもネコ的な側面があるようである。例えば、ルビーとヤンのペットであるイヌのツヴァイを避けてルビーのベットによじ登ったことがあった。また、"Burning the Candle”では、レーザーポインターの光点に気を散らされ、それを本能的に追いかけて、待ち受けるヤンのところまで誘導された。さらにマグロが大好きで、”Round One”ではマグロが載った丼の麺料理を見て涎を垂らしていた。

初期に登場したころは自分がファウナスであること、ホワイト・ファングに所属し、犯罪行為にも手を染めていたことから、他者に対して心を中々開かずにいた。

また、ホワイト・ファングに関しては、かつて所属していたこともあるせいか、これは自分が解決すべき問題と一人で抱え込んでしまい、一時期は目に隈が出来るほど自分自身を追い詰めてしまっていた。

ルビー達と衝突、距離を置くこともあったが、チームメイトのサポート、他のファウナス達との出会いによりそれらの問題を解決していき、徐々に心を開くようになっていった。表情も豊かになり、ルビー達とーふざけ合ったり、笑顔を見せるようになる。

自分の力だけでなく誰かを頼るようにもなり、ピンチの時には素直に助けを求めることもできるようになり、チームメイトが落ち込んだり悩んだりしているときは気遣うようにもなってきたりと、ルビー達との出会いの中で内面的に大きく成長していく。

戦闘スタイル 編集

ファウナスとしての身体能力の高さ、分身を生み出すセンブランスを生かしての回避や接近等の高速かつトリッキーな戦い方を得意とする。

技能と能力 編集

武器 編集

ブレイクは並外れた機敏さ、スピード、持久力を持ち、複数の敵を相手にするときでも疲れを見せることなく立ち回ることができる。それに加え、武器ガムボール・シュラウドの扱いにも長けており、目にも留まらぬ速さで敵を切り伏せ、マシンガンの銃撃を刃のみで防ぐことが可能である。ガムボール・シュラウドには納刀した形態、抜刀した形態、および鎖鎌の3つの形態がある。鞘にも刃がついており、納刀した状態では肉切り包丁のような見た目をしている。抜刀することで鞘と刀の二刀流で戦うことができるようになり殺傷力が増す。”Black and White”で、剣をローマン・トーチウィックに突きつけて彼を尋問しようとしたときに見られるように、刀の先端は両刃になっている。刀の刃の部分を折ることで鎌状になり、腕に繋がったリボンを通して操ることで鎖鎌のように扱えるようになる。この状態の運用はルビーのクレセント・ローズに似たものになり、銃の反動を利用して斬撃のスピードを増したり、地上や空中において回転技で複数の敵を斬ることができる。彼女は武器の持ち方を自由に、そして素早く変えることができるようである。

彼女はガムボール・シュラウドをオーラの導管として使用するのにも熟練している。スイングによって様々な強度の衝撃波のような斬撃を作ることができ、これは非常に効果的かつ汎用的で、グリム、ミサイル、AK-130、人間の敵に対して使用している。アダムが"Black Trailer"でこの攻撃の赤い変形を実演していることを考えると、ブレイクはこのテクニックを彼から学んだのかもしれない。

更には、刃を引っ掛けリボンて手繰ることによって空中での制動をコントロールする、敵やものを中距離から近接距離まで引っ張ってくるいった応用もしている。後のパートナーのヤンと初めてあったときには、この方法でアーサを一撃で倒している。”Painting the Town...”では、リボンの先にヤンがとりつき、ブレイクが回転させることで速度をのせたパンチを喰らわせることでローマンの乗るロボットを破壊するというコンビネーションに用いている。

センブランス 編集

ブレイクの最も特徴的な能力としてセンブランスが挙げられる。自身の影から分身を作り出すことで、陽動、盾、目くらましなどに用いている。それらはAK-130やローマンとの戦闘で実演されている。初披露したのは”Black Trailer”のスパイダー・ドロイド戦で、本編中では”Players and Pieces”のネヴァーモア戦で初めて使っている。特にネヴァーモア戦では、空中で作り出した分身を踏み台にすることでネヴァーモアに飛び移っていることから、分身は単なる幻影ではなく実体をもっているようである。"Of Runaways and Stowaways”では、分身を利用して非常に高く跳躍している。

“Black and White”のローマン戦でも頻繁に使っているが、彼はほとんどのブレイクの攻撃を簡単にかわしている。出した分身はそれほど長く持たずまたブレイク本人からはあまり離れられないようで、大抵は出してから数秒足らずで消えてしまう。しかし、ギャグ的な要素の強いスピンオフ作品”RWBY Chibi”中の出来事ではあるが、出した分身がその場に残り続けてしまうこともあるらしい。劇中描写からすると、誰かが触ればすぐに消えるようである。(エピソード20 ”Double Trouble”)

その他 編集

長い距離をジャンプすることが可能で、"Painting the Town..."で見られるように、建物から建物に飛び移ったり、動いている車から車に飛び移ったりできる。

ファウナスであるため夜間視力の能力を持ち、暗闇の中でも自在に見ることができる。ホワイト・ファングの集会では、電源を銃撃で破壊し、暗闇に乗じて脱出した。

"No Brakes"では、ブレイクはダストを使用して身代わりに機能を追加した。ファイアの身代わりは爆発物として使用され、アースの身代わりはブレイクの石像を作った。アイスの身代わりによってローマンの武器を捕え、ブレイクは決め手となる一撃を加えることができた。

トリビア 編集

  • ブレイクは童話の『美女と野獣』のベルの要素を持っている。
    • 本編で初登場した時、彼女はベルによく似て読書が大好きな様子であった。また枝付き燭台を所有しているが、これはディズニー脚色版のルミエールを参考にしたものと考えられる。Volume 1のディレクターズコメンタリーで、Miles Lunaは「ベルに関連するアイテム」をブレイクの周りに散りばめようとしたと述べている。
    • Red Like Roses”の歌詞においてブレイクについて”Black the beast”と言及しており、これは『美女と野獣』との関連性を支持している。
  • “ブレイク (Blake)”は古英語で”黒 (black)”を意味する。ベラドンナ(bella donna)はイタリア語で”美しい女性 (fair lady)”や美を意味しているほか、一般に知られている致死性のナス科有毒植物の名前でもある。この植物は極めて毒性の強い実をつけ、実の色はブレイクのテーマカラーと同じ黒である。
  • Monty Oumによれば、ブレイクの別衣装である「イントルーダー」は少女時代 (SNSD)の”The Boys”のビデオでメンバーのユリが着ている衣装を基にしている。
    • 衣装の名前は”Black Trailer"で列車に侵入したブレイクとアダムに対してセキュリティAIが誰何した際のセリフ("Intruder, identify yourself”)への参照かもしれない。
  • Montyはブレイクの名前が最も作るのが難しかったと言う。より詳しくは、最初はファースト・ネームをベラドンナにしようと考えていたが、彼女のキャラクターにふさわしい鋭さが感じられないために変更したとのことである。
  • ルースター・ティースのクルーは、ブレイクは最も書きにくいキャラクターのうちの一人であると言う。
  • MilesとKerryは、ブレイクはコーヒーよりも紅茶を好むと述べている。”Destiny”で、ワイスがコーヒーを飲もうと提案した時には、ブレイクは代わりに紅茶を選択している。
  • Blake Week AMAでリボンについて尋ねられた時、Arrynはブレイクはクローゼットいっぱいのリボンを持っており、壁にきっちりと並べていると答えた。
  • Montyはライブストリームでブレイクのおへそが無いのは彼女のモデルの欠陥だと述べた。
  • The Stray”では、ブレイクの猫耳の内側は紫色に描写されていた。
  • Field Trip”では、ブレイクはイヌの側にいるのが不快であるか、怖がってさえいるように描かれたが、これは彼女がネコのファウナスであるためだろう。この一面はRWBY Chibiで強調されている。
  • Players and Pieces”で見られるように、複数人での戦闘シーンにおいては、映像がブレイクにフォーカスする場面で音楽がしばしば表現豊かなピアノのスケールに切り替わる。
  • ビーコンの初日の夜、ブレイクはルビーに彼女の読んでいる本は二つの魂を持つ男の話だと語った。右ページの最初の行は”He raised the glass to his lips.”と読めるが、これはスティーブンソンの『ジキル博士とハイド氏』からの引用である。
  • ブレイクはもともと完全な虹彩異色症という設定で、その証拠に初期のコンセプトアートでは片目が黄色、片目が青になっている。ネコは時に虹彩異色症の場合があり、そうした個体はオッドアイと呼ばれる。前述のブレイクのコンセプトアートと全く同じように、黄色と青の目を持つネコも記録されている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki