FANDOM


期待半分、不安半分だったけど、読み終わった感想としては思っていたよりずっと良かった。

間違いなく言えることは、決して露骨な"fan-service"を狙った作品じゃないということ。作者の方が熱心なRWBYファンなんだなということを凄く感じた。

むしろそういうのを期待してた人が読んだらガッカリするレベル。ジャケット詐欺

いつ翻訳版が出るのかは分からないけど、これなら世界中多くのRWBYファンに受け入れられると思う。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki