FANDOM


レイヴン・ブランウェン(Raven Branwen)ヤン・シャオロンの母で、クロウ・ブランウェンとは双子である。かつてチームSTRQのメンバーであり、現在はブランウェン一族の首領である。また彼女は春の乙女であり、同一族のメンバーであるヴァーナルを囮としていた。

外見 編集

レイヴンはミニ丈の黒と赤のドレス、ビーズのネックレス5本、赤のガードルベルトとガントレットを着用し、スカートの右側に羽根飾りを下げている。Volume 2ではグローブ、Volume 4以降は指ぬきグローブをしている。

Volume 2では、赤いスプラッター柄の入った黒のデタッチト・レギンス、Volume 4以降は黒無地のデタッチト・レギンスを履いている。ソールとヒールが赤色の、黒のレザーハイヒールブーツを履いている。彼女のもっとも際立った特徴は、グリムの顔に似せたデザインの、おそろしげなフルフェイス・マスクである。マスクには4本のスリットが入っており、非人間的な印象をいっそう強めている。Volume 2では下側のスリットを通して目が見えているが、Volume 5ではスリットの内側は黒と赤の2色になっている。

マスクを外すとヤンにとてもよく似ており、顔の形はそっくりである。髪はヤンよりも量の多い黒髪で、赤いハイライトが入っている。眉はやや高く、肌はかなり色白で、目の下にわずかに皺がある。瞳の色は赤色で、激昂した時のヤンの瞳と同じ色合いである。赤いショールでくくった緩いポニーテールで、テールの部分は婉曲したカラスの羽根が集まっているような見た目である。

人物 編集

クロウはヤンとの会話の中で、レイヴンのことを危険な人物と呼んでおり、彼女の世界に対する見方は自分のものとは違うと話している。"No Brakes"では、レイヴンはヤンをネオから救ったが、その後"二度目"を期待するなとクロウからヤンに警告させた。

"Family"では、彼女が『適者生存』を旨としていることが明らかとなった。またハンターとしてビーコン・アカデミーを卒業したにも関わらず、無辜の民や他のハンターの殺害に間接的または直接的に関わっているようである。レイヴンはクロウに比べてより真面目で厳粛で、一族の絆に関する自身の使命に重きをおいており、クロウのことを一族を捨てた裏切り者とみなしている。彼女は皮肉屋であり、オズピンがビーコンを破滅から守護することに失敗すると予見していたと主張する。彼女はオズピンのことをヤンの考えているような男ではないと思っており、彼を信頼しているクロウやルビー、タイヤンを非難している。

"Two Steps Forward, Two Steps Back"では、タイヤンがレイヴンについて語り、アカデミー時代は頑固だったこと、非常に直接的な方法をとること、戦闘においては力が極めて重要だと考えていたこと、ヤンが娘として受け継いでいる特徴について話した。またレイヴンは大志を抱いており、自分が正しいと思えば、それがどのような信条であれ自身の全てを捧げるとのことである。タイヤンはまた、レイヴンは数多くの欠点を持っており、それがチームSTRQの解散の大きな要因になったと明かした。

レイヴンの知性と戦闘技術については悪名が轟いているようで、シンダーは彼女の悪行について多くの噂を聞いたと発言している。その発言の直後、シンダーはヴァーナルが持っているはずの乙女の力を奪おうとしたが、その結果レイヴンが彼女を欺いており、レイヴンこそが真の春の乙女であることが明らかになった。

"Downfall"でシンダーを倒した後、レイヴンは死亡したヴァーナルの目を閉じさせたうえ礼を述べるなど、より優しい側面を見せた。この側面は"Haven's Fate"でさらに詳しく描写され、ヤンと心のこもった会話をした。セイラムと戦うことを拒否する臆病さ、自身の娘の幸福に関する冷淡さについてヤンが非難した後、レイヴンは再度ヤンにセイラムとの戦いから身を引くよう訴えたが、拒否された。実際にはレイヴンは娘への愛情を持っており、この会話の後に涙を見せた。レイヴンは涙ながらにヤンに謝罪した後、カラスの姿に変身して去った。

技能と能力 編集

レイヴンはダスト製ブレードを武器として戦う。ダスト製ブレードは様々な種類があり、シリンダー製の鞘に収納されていて、付属のハンドルをブレードに接続して使う。鞘はワイスミルテンアスターに似た実装である。ハンドルをブレードに接続すると、刀身の長い、片刃の大太刀を思わせる形になる。

ハンドルを鞘に接続することで、使用するダスト製ブレードを入れ替えることができる。ブレードは入れ子構造で、鞘の2倍ほどの長さに伸長する。一番多く使うのはレッド・ダスト製のブレードのようだが、他の種類も使っている。戦闘中に使っているのが確認されたダストは次のとおりである: レッド、ブルー、イエロー、グレイまたはブラック、グリーン。ダスト製ブレードは、強力ではあるが、何度も打ち合ったり強烈な打撃を受けると壊れる。

戦闘時のレイヴンは非常な高速で動き、その攻撃は肉眼では追いきれないほどである。初めてニオと交戦した際の様子から居合道の達人であることがわかる。初撃のあと、基本の構えをとっており、彼女の取りうる戦闘スタイルはより複雑であることがほのめかされている。"Welcome to Haven"では弟のクロウと互角の実力であると言及されている。

乙女の能力 編集

センブランス 編集

変身 編集

弟と同様、レイヴンもカラス(特にレイヴンと呼ばれる大型のもの)に変身する能力を有している。この能力はオズピンの魔法により授けられたものである。

トリビア 編集

  • ブランウェン(branwen)はウェールズ語で、"聖なる白いカラス"を意味し、彼女のファーストネームにも合致する。レイヴン(raven)は鳥類スズメ目カラス科カラス属の多くの種の呼び名であるほか、黒い色を指す語でもある。
    • なおravenとcrowはどちらもカラス属の黒色の鳥を指す語である。crowはカラスの総称で、そのうち大型のものをravenと呼ぶ。
    • "Burning the Candle"で、ヤンがレイヴンを探しに行ったこととクロウに助けられたことについて話した際、黒板に書かれていた文章は、北欧神話に登場する2羽のカラス『フギンとムニン』についての詩の引用である。文章はおそらく以下のとおり:
      フギンとムニンは広大な大地の上を毎日飛んでいる。
      私はフギンのことを心配している、戻ってこないかもしれないと。しかしムニンについては輪をかけて心配している。
  • レイヴンはニオやココと同じネックレスを着用している。
  • レイヴンのマスクは、ホワイト・ファングが着けているグリムのマスクの、より精巧な型のように見える。
    • マスクと、羽根のように広がる髪型のため、レイヴンの外見はネヴァーモアにたいへん似ている。
  • レイヴンが使用する赤黒の移動ポータルの見た目は、"Beginning of the End"でシンダーがグローブで作り出していたものに似ている。Volume 1とVolume 3のオープニングにも似たようなポータルが登場している。
  • ヤンがクロウとの会話の中で実際にレイヴンと会ったとは口にしなかったことから、Volume 2のクレジット後のシーンは、夢あるいは幻想と思われる。