FANDOM


"A Much Needed Talk"(語るべきは多く)はRWBYの4期8話目(累計第48話)のエピソード。Roosteeth有料会員には2016年12月31日、無料会員には2017年1月1日、一般には同年1月8日に公開される(いずれも現地時刻)。

トランスクリプト 編集

英語版:http://rwby.wikia.com/wiki/A_Much_Needed_Talk/Transcript

Qrow: Really? No questions?

クロウ:ほう、質問なしか

Jaune: Of course we have questions. This is just… a lot to take in.

ジョーン:もちろんある。ただ…まだ整理できてない。

Qrow: (sighing) Sure, of course.

クロウ:ああ、だろうな。

Ruby: So these… Maidens… They’re powerful fighters that don’t need Dust to use magic.

ルビー:その…乙女たちは…ダストなしで魔法を使う強い戦士で

Qrow: Yeah.

クロウ:ああ。

Nora: And there are four of them?

ノーラ:全部で4人いて

Qrow: Yup. Always.

クロウ:そうだ。常にな。

Ren: Which means that, whenever one of them dies, the power transfers to someone - a female - that they cared about?

レン:そして彼女達の一人が亡くなるとその力は…親しい女性に移ると?

Qrow: Whoever was in their thoughts last. Important distinction. Best option is someone we can trust. Regardless, their souls become combined, in a way.

クロウ:最後に思い浮かべた奴なら誰でも、だ。こいつは重要な違いだぜ。それが信頼できる人物になるのがベストだが、いずれにしろ彼女らの魂はある意味で融合する

Jaune: And that’s what you were trying to do to Pyrrha... the night the tower fell. You were trying to turn her into one of them.

ジョーン:そしてあんた達はそれをピュラにやらせようとした…ビーコンが陥落した夜に。ピュラを乙女の一人にしようとしたわけだ。

Qrow: The previous Fall Maiden, Amber, had been attacked. She was young, inexperienced. And her assailant, who we now know is Cinder, somehow managed to steal some of her power, but not all of it. We were afraid that if we didn’t do something, the rest would go to her as well.

クロウ:先代の秋の乙女、アンバーが襲撃された。彼女は若く、経験が浅かった。そして襲った奴―シンダーは何らかの方法で乙女の力の一部を奪った、全てではなかったがな。何か手を打たなければ残りもシンダーの所に行っちまうだろうと思ったのさ。

Jaune: (looking angry) So you forced it on Pyrrha.

ジョーン:だからピュラに強制したのか。

Qrow: We didn’t force anything. We explained the situation and gave her the choice, and she chose. You were there, you heard her.

クロウ:強制はしてないぜ。俺達は現状を説明して彼女に選択肢を提示した。そして彼女が選んだんだ。お前もあそこで彼女が選ぶのを聞いてたろ。

Ruby: That guy, Tyrian - why was he after me?

ルビー:あいつ…ティリアンは、なんであたしを追ってきたの?

Qrow: (sighing) Well, you definitely painted a target on your back with what you did at Beacon. I told you having silver eyes is a rare trait.

クロウ:お前がビーコンでしでかしたことのおかげで、狙われることになったのは間違いない。銀の瞳が希少だって話はしただろ

And the fact that you were able to use them seems to have upset some very powerful people. Not many people know about the silver eyes. Those that do aren’t very happy that one has surfaced. That’s why I’ve been keeping an eye on you in order to make sure you were safe. All of you.

お前がそいつを使えたことが厄介な連中を慌てさせちまったのさ。銀の瞳について知ってる奴は少ない。その持ち主が現れたんで奴らはご機嫌斜めだ。だからお前たちの安全を確かめるために目を光らせてたってわけだ。全員のな。

Ruby: Well, then, why not just travel with us? It seems like that would’ve been way easier.

ルビー:ええと、なら、なんで一緒に来てくれなかったの?その方が楽だと思うんだけど

Jaune: He was using you as bait.

ジョーン:君を囮にしてたんだ

Qrow: Look, I wouldn’t put it like that - it’s complicated.

クロウ:妙なこと言うもんじゃないぜ…ちっと複雑でな。

Jaune: (turning back to face him) What is all of this? Ruby’s being hunted, the schools are being attacked, all for what?! What is the point of all of this?! Will you just tell us what’s going on?!

ジョーン:じゃあ何だ?どうしてルビーは狙われ、ビーコンは攻撃された!?一体何なんだよ!何が起きてるのか教えてくれよ!

Qrow: Would you sit down? You’re stressin’ me out, ‘kid.

クロウ:座ってくんねぇか?それじゃ落ち着いて話せねえよ

Not many people are super religious these days. This world’s been around for a long time, long enough that people have created dozens of gods. But if you believe Ozpin, two of them are actually real.

今の御時世、信仰心の厚いやつは多くない。この世界は長いこと続いてきた。人々が何十もの神を作り出す程度にはな。だがオズピンの言う事を信じるならそのうちの二人は本物だ。

They were two brothers. The older sibling, the god of light, found joy in creating forces of life. Meanwhile, the younger brother, the god of darkness, spent his time creating forces of destruction.

その神は二人の兄弟だ。兄は光の神で生命の力を生み出す事に喜びを見出した。一方で、弟である闇の神は破壊の力を生み出す事に熱心だったのさ。

As you can imagine, they both had pretty different ideas about how things should go. The older one would spend his days creating water, plants, wildlife.

想像できるだろうが二人のものの見方はかなり異なっていた。兄は昼の間、水や植物、野生動物を生み出しながら暮らしていた。

And at night, his brother would wake to see all the things that the elder had made and become disgusted. To counteract his brother’s creations, the god of darkness brought drought, fire, famine, all he could do to rid Remnant of life.

夜になると、目を覚ました弟が兄の創造物を見ては嫌悪した。兄の生み出したものをひっくり返すために、闇の神は干ばつ、炎、飢饉、あらゆる手段でレムナントの生命を滅ぼそうとした。

Life always returned. So one night, the younger brother went and made something - something that shared his innate desire to destroy anything and everything.

だが生命が絶えることはなかった。だからある夜、弟は自分の破壊願望を分け与えたあるものを創っちまった。

Ruby: The creatures of Grimm.

ルビー:グリムの怪物…

Qrow: You guessed it. The older brother finally had enough. Knowing that their feud couldn’t last like this forever, he proposed that they make one final creation… together, something that they could both be proud of, their masterpiece.

クロウ:正解だ。それでついに兄はうんざりした。こんな争いを永遠に続けるわけにはいかないと悟ったんだ。彼は最後の創造を持ちかけた。一緒に自分たちが誇れる最高傑作を創ろうとな。

The younger brother agreed. This last great creation would be given the power to both create and destroy. It would be given the gift of knowledge, so that it could learn about itself and the world around it.

弟もそれに乗った。最後の偉大な創造物は彼らの創造と破壊の力を与えられた。そいつは知恵を与えられたお陰で自分と世界について知ることができた。

And most importantly, it would be given the power to choose, to have free will to take everything it had learned and decide which path to follow - the path of light or the path of darkness. And that is how Humanity came to be.

そしてもっとも重要なのは選択する力を与えられたことだ。自由な意志で学び、考え、どちらの道を行くか決めることができる。光の道か闇の道かを。これが人類の起源ってやつだ。

Ren: But… what does that have to do with us?

レン:しかし…その事が我々と何の関係が?

Qrow: Well, that’s the kicker. See, the four gifts to mankind - knowledge, creation, destruction and choice - aren’t just metaphorical.

クロウ:そこが驚きだ。人間に与えられた4つの贈り物―知恵、創造、破壊、そして選択―これは単なる比喩じゃない。

Each of them exists in a physical form, left behind by the gods before they abandoned Remnant, and each of them is extraordinarily powerful.

それぞれが物理的な「モノ」として存在する。神サマがレムナントを見捨てる前に残して行った遺物だ。どれもとんでもなく強大な力を持っている。

If someone were to collect all four, they’d be able to change the world. That’s exactly what the enemy wants.

もし4つを揃えたらそいつは世界を変えられるだろうよ。敵さんが欲しがってるのはまさにそれだ。

The Huntsman Academies were created to train generations of Humanity’s protectors, but they also serve another purpose - guarding the relics.

ハンター・アカデミーは人類の守護者を育てるために作られたが、別の目的もあるのさ。レリックを守るっていうな。

When Ozpin’s predecessor founded the schools, he built them around the relics to act as a fortress. Not only would they be easier to defend, but they would constantly be surrounded by trained warriors.

オズピンの前任者はアカデミーを創設する際にレリックの周囲に、要塞として機能するように建てた。守りに適しているってだけじゃなく常に屈強な戦士達に囲まれるようにな。

The hope was that hiding them would keep mankind from using them against itself… and, of course, keeping them out of her reach.

レリックを隠したのは人類がその力で自滅するような事態を防ぐためでもあった。そしてもちろん、彼女の手から遠ざけるためだ。

So yeah, there’s that.

まあ、こんなところだな。

Ruby: Her. You mean Salem?

ルビー:彼女っていうのはセイラムの事?

Qrow: That’s right. Not much is known about her. Quite frankly, that’s not what matters. What matters right now is that she wants the relics, and if she gets them, it’s not going to end well.

クロウ:そうだ。彼女についてわかっていることは少ない。だがそれは重要な事じゃない。重要なのは彼女がレリックを欲していて、もしそれを手にしたら一巻の終わりって事だ。


Kali: You know, you can always go in and say hi.

カーリー:ブレイク、いつでも入って話していいのよ。

Blake: I don’t wanna bother him.

ブレイク:邪魔したくなくて。

Kali: A father’s never too busy for his daughter.

カーリー:娘が邪魔になる父親なんているもんですか。

Blake: Not all of my friends would agree with you on that.

ブレイク:友達が聞いたら同意しないと思うわ。

Kali: Here.

カーリー:はいこれ。

Blake: What? Where are you going?

ブレイク:え?どこ行くの?

Kali: You’ve never been very talkative, but that boy you brought home loves to run his mouth. I wanna hear more about the adventures of Team RWBY.

カーリー:あなたはあまり話してくれないけどあなたが連れてきた子は口を動かすのが大好きみたいだからね。チームRWBYの冒険譚をもっと聞かせてもらうわ。

Ghira: (calling out from inside his office) Kali? Is that you, dear?

ギラ:カーリー、お前なのか?

Blake: Uh, hey dad.

ブレイク:お父さん

Ghira: Blake! Well, this is a pleasant surprise.

ギラ:ブレイク!これは嬉しいサプライズだな。

Blake: I…

ブレイク:私…

Ghira: (standing) Please, come sit.

ギラ:さあ、こっちに来て座りなさい。

Don’t worry, I’ve got it. Sit down, sit down.

ああ、私がやろう。座って座って。

Blake: I don’t wanna keep you if you’re--

ブレイク:忙しいならすぐに出ていく―

Ghira: (pouring tea) Nonsense, I’ve been cooped up in here all day.

ギラ:何を言う、今日は1日ここで缶詰だったんだ。

You still take sugar, right?

お前は今でも砂糖を入れるんだったかな?

Blake: Oh, actually, uh-

ブレイク:あっ、ええと

Ghira: (pulling back nervously) Oh! Sorry!

ギラ:おお!すまない!

Blake: No, no no no, it’s fine.

ブレイク:いえ、いいの、大丈夫

Ghira: Oh, here, take this one.

ギラ:ああ、じゃあ私のと替えよう

Blake: (taking her cup) No, really. It’s, it’s no big deal.

ブレイク:本当に大丈夫。その、問題ないわ。

Ghira: You sure?

ギラ:本当に?

Blake: Positive.

ブレイク:ええ。

Ghira: Old habits, I suppose.

ギラ:昔の習慣だったかな。

Might wanna let it cool.

少し冷ました方がいいかもしれないな。

Blake: (slight pain in her voice) Right.

ブレイク:そうね。

Ghira: So… is it… warm... in Vale?

ギラ:それで、その…ヴェイルは暖かいのか?

Blake: Huh?

ブレイク:え?

Ghira: It just… seems like your outfit doesn’t cover very much.

ギラ:いやその…お前の服があまり身体をカバーしてないように見えてだな。

Blake: It covers plenty.

ブレイク:十分カバーしてるわ。

Ghira: I mean, a little more armor might help. Don’t you think?

ギラ:いやつまり、もう少し鎧を着けるとかな。どうだ?

Blake: I’m fine. I don’t need armor. I can look after myself.

ブレイク:大丈夫よ。私に鎧なんか必要ないわ。自分の身は守れるもの。

Ghira: I… (sighing) I know you can. I’m sorry.

ギラ:ああ…確かにその通りだ、すまない。

Blake: Why?

ブレイク:どうして?

Ghira: Hmm?

ギラ:うん?

Blake: Why would you say that?

ブレイク:どうしてそういう事を言うの?

Ghira: Sweetheart, what’s wrong? What did I say?

ギラ:我が娘よ、どうしたんだい?私が何か言ったかな?

Blake: How can you still love me after what I did?

ブレイク:どうしてあんな事をした私を今でも愛せるの?

Ghira: Blake…

ギラ:ブレイク…

Your mother and I will always love you.

母さんも私もいつでもお前を愛しているよ。

Blake: (emotional) You were right. I shouted at you and yelled at you. (looking up at him) But you were right. I called you cowards!

ブレイク:お父さんは正しかった。私は大声を上げて、怒鳴りつけて。でも二人が正しかった。臆病者とまで言ったのに!

Ghira: It’s okay.

ギラ:いいんだ。

Blake: (pulling back) I should have left the White Fang with you and Mom. I should’ve listened to you, and I’m sorry. (turning away) I’m so, so sorry.

ブレイク:私もお父さんとお母さんと一緒にホワイトファングを去るべきだった。お父さんたちの言うことを聞くべきだった。ごめんなさい。本当にごめんなさい。

Ghira: (turning her by the chin to look at him and then wiping a tear from her eye with his thumb) Blake, it’s fine. We never held anything against you, and I never feared you would fail. The only thing I ever feared was that you would fall down the wrong path, and I am so proud to see you haven’t.

ギラ:ブレイク、いいんだよ。私達はお前を責めてなどいない。私はお前が失敗するのを恐れていなかった。唯一恐れていたのはお前が道を踏み外す事だった。そしてそうならなかった事を誇りに思うよ。

Blake: But I did! (sniffles) I was--

ブレイク:そうなったわ!私は―

Ghira: And you pulled yourself out. You came back. There aren’t many who possess that kind of strength and even fewer that have the courage to face their demons again.

ギラ:そして自分で抜け出した。お前は戻ってきた。そんな強さを持っている人は少ない。恐ろしい悪魔と再び対峙する勇気を持っている人は更にね。

Vale, Mountain Glenn, Beacon - you confronted the White Fang time after time.

ヴェイル、マウンテングレン、ビーコン―お前は何度もホワイトファングに対峙してきた。

Blake: I didn’t do it alone.

ブレイク:一人じゃ無理だったわ。

Ghira: No, you didn’t. Which is why I wanted to ask you… why did you leave Vale? Why did you leave your friends behind?

ギラ:ああ、そうだろう。だからこそ教えて欲しい。どうしてヴェイルを離れたんだ?なぜ友達を置いてきてしまったんだ?

Blake: (sniffing) I…

ブレイク:私は…

Blake: (affronted and standing up) Sun?!

ブレイク:サン!?

Sun: D’yuh! Whoa! This isn’t the bathroom! Uh, I’ll just be going! Sorry to interrupt this tender family moment! (awkward giggle)

サン:あっ!おっと!トイレじゃなかったか!ええと、俺はもう行くわ!父娘水入らずの邪魔をしてすまねえ!

Ghira: I really don’t like you.

ギラ:私は本当に君が嫌いだ。


Jaune: Alright. So, let’s say we believe all this. There really is this crazy evil being behind these attacks, not just some thugs trying to become powerful.

ジョーン:わかった。今の話を全部信じるなら、一連の襲撃の裏には、力を欲しがってるチンピラ以上のイカれた悪党が実際にいるんだな

Why doesn’t the world know? Why isn’t Atlas going after them? Or Mistral?

じゃあなぜ世界はそれを知らない?何でアトラスはそいつらを追わないんだ?ミストラルは?

Nora: And why aren’t we in more of a hurry to get to Haven? Shouldn’t we be getting them a message? What if they’re next?

ノーラ:それにもっとヘイヴンに急がなくていいの?早くこのことを伝えなくちゃ。次がヘイヴンだったら…

Qrow: The headmaster over there saw what happened to Beacon. He’s not dumb. He’ll be on his guard. Besides, it takes time to mobilize forces like that. Do you really think they planned out that attack on Beacon overnight?

クロウ:学長はビーコンに起こった事を見てる。彼は阿呆じゃない。当然警戒してるさ。それにあれだけの事を起こすには時間がかかる。ビーコンへの攻撃を一晩で計画できたと思うか?

(pointing at Jaune) And to answer your question, it’s the same reason we keep quiet about the Maidens. If the whole world knew about the relics, about Salem, there would be chaos.

そんでお前の質問に答えるとだ。俺達が乙女たちについて隠していたのと同じ理由だ。もし世界中がレリックやセイラムについて知れば大混乱だ。

There’d be another Great War on our hands, and this time, you’d have to fight. (pointing at Jaune again)

新たな大戦が起こる。そうなったら今度はお前も戦うことになるぜ。

Look, I had the same questions, too. But ol’ Ozpin would always put his foot down. “We can’t cause a panic.” Heh, can’t tell you how many times I’ve heard that.

まあ聞け、俺もお前と同じ疑問を持ってた。だがオズピンは譲らなかった。「パニックを引き起こす訳にはいかない」ってな。何回聞いたか分からねぇくらいだ。

Salem’s smart. She works from the shadows, using others to get what she wants, so that when it comes time to place the blame, we can only point at each other.

セイラムは狡猾だ。陰から手を回し、誰かを使って事を成す。そうすれば俺たちは仲間内で責任を押し付け合うからな。

She’s trying to divide us - humanity, and so far she’s done a pretty damn good job.

奴は俺たちを分断しようとしている。人類をな。そして今のところ残念な事に上手くいっちまってる。

Ruby: Alright, so what should we do?

ルビー:じゃあ…どうしたらいいの?

Qrow: (chuckling) I don’t really know.

クロウ:俺にもわからん。

Ozpin has put a lot of trust in the headmasters. Like I said, the schools are an important part of stopping Salem.

オズピンは学長達に全幅の信頼を寄せていた。さっき言ったように、学校はセイラムを止めるのに重要な役割を持っている。

Atlas is going to be on high alert after the last attack, and Vacuo is - well, Vacuo. It’ll be hard to hire thieves and scoundrels to fight against other thieves and scoundrels.

アトラスはビーコン襲撃以来、厳戒態勢を敷いてる。ヴァキュオは…ヴァキュオだ。盗賊や悪党と戦うために同じような連中を雇うのは難しい。

Take that, add in the fact that Cinder and her crew claim to be from Haven, and I think it’s likely the next target.

付け加えてシンダーとその手下どもがヘイヴンから来たって言ってたことも考えれば次に狙われるのはそこだろう。

So, we’re on our way to the headmaster. Haven’t heard from him in a while, even before the attack. I’m hoping he has the answers.

だからヘイヴンの学長に会いに行くのさ。しばらく音信不通だった。攻撃の前すらな。何か答えを持ってりゃいいんだが。

Alright, I think it’s time you kids got some sleep.

さて、子供は寝る時間だ。

Ruby: Uncle Qrow?

ルビー:クロウおじさん?

Qrow: Yeah?

クロウ:なんだ?

Ruby: (standing) This is a lot to take in, and it all sounds crazy, but… I’m willing to do whatever I can to help because I trust you. But why couldn’t you trust me? Why couldn’t you just travel with us, instead of this secrecy, and, and--

ルビー:まだ頭がこんがらかってるし、めちゃくちゃな話だって思うけど…力になりたいと思うよ。おじさんを信じてるから。でも何でおじさんはあたしを信じてくれなかったの?どうして一緒に旅してくれなかったの?こんな秘密じゃなくて。それに、それに―

Qrow: Look, this has nothing to do with trust. I-- It’s a long story, okay?

クロウ:いいか、これは信頼の問題じゃないんだ。俺は…話すと長くなる

Nora: Seriously? Now you’re tired of telling us stories?

ノーラ:ほんとに?それとも話すの疲れちゃった?

Qrow: Did you know that crows are a sign of bad luck? Old superstition, but it’s how I got my name.

クロウ:カラスが不運の象徴だって知ってるか?古い迷信だが、俺の名の由来がそれだ。

See, some people can absorb electricity and some people can burst into rose petals and some people are just born unlucky.

電気を吸収できる奴もいれば、バラの花びらを撒き散らす奴もいる。そして不幸の星の下に生まれた奴もな。

My Semblance isn’t like most - it’s not exactly something I do. It’s always there, whether I like it or not. I bring misfortune. (chuckles bitterly)

俺のセンブランスは大抵のものとは違う。自分で何かするわけじゃない。意志に関わらず常に発現してるんだ。俺は不幸をもたらすのさ。

I guess you could call me a bad luck charm. Comes in real handy when I’m fighting an enemy, but it makes it a little hard on friends… (looking over at Ruby) and family.

不幸のお守り、とも言えるかもな。敵と戦う時にはこの上なく便利だが、仲間には害にしかならない…家族にもな。

Jaune: Well, you are just a real bundle of help, aren’t you?

ジョーン:そりゃあ頼もしい守り神だね。

Qrow: Yeah.

クロウ:だろ

Ren: Where are you going?

レン:どちらへ?

Qrow: Taking a walk.

クロウ:少し歩く。

Ruby: There’s nothing else you want to tell us?

ルビー:他にあたしたちに伝えたいことは?

Qrow: Not tonight.

クロウ:今夜はないな。


Blake: Ugh! No concept of privacy, (slaps him again) no respect for personal space!

ブレイク:プライバシーって知ってる!?パーソナルスペースの尊重は!?

Sun: I’m sorry, okay?! Ow, I’m sorry!

サン:悪かった!悪かったって!

Look, I promise it was important! I needed to find you to talk to you!

大事な事だったんだって!すぐ君に話さなきゃって思ったんだよ!

Blake: (turning back, exasperated) What, Sun? What could be so important?!

ブレイク:何?サン。何がそんなに大事なわけ!?

Sun: I was talking to your mom and she said something weird about the White Fang!

サン:君の母さんと話してたらホワイトファングについて妙なことを言ったんだ!

Blake: (holding a finger up and striding forward) I’m stopping you right there.

ブレイク:そこまでにして

Sun: But—

サン:だけどよ―

Blake: I told you, I’m not here to fight the White Fang, I’m not here to fight anyone. I’m here to rest, to figure things out, and to see my family.

ブレイク:言ったはずよ、私はホワイトファングと戦いに来たんじゃない。ここでは誰とも戦わない。休んで冷静になるために、そして家族に会うためにここに来たの。

Sun: Your mom said White Fang members don’t wear masks in Menagerie. But I saw one at the market yesterday! I even have a picture!

サン:君の母さんはホワイトファングの連中はメナジェリーじゃマスクをしないって言ってた。けど俺は昨日市場で見たんだ!写真も撮ってる!

Blake: Sun!

ブレイク:サン!

Sun: (bringing up the image) Look, I’m trying to help!

サン:見ろ、助けになるから!

Blake: I don’t want your help!

ブレイク:助けなんてほしくない!

Sun: A freakin’ ninja?!

サン:マジモンの忍者!?

Blake: A spy!

ブレイク:スパイよ!

Sun: But why would—Hey wait!

サン:でもなんで―おい、待てって!

Kali: What’s happened?

カーリー:何があったの?

Sun: (backing up toward where Blake leapt from as he speaks) The White Fang is evil, I totally called it, and I’m bringing your daughter back!

サン:ホワイトファングは悪党だ!俺の言った通りね!あと娘さんを連れ戻してくる!


Ren: We should probably get moving.

レン:移動すべきでしょうね。

Jaune: (sitting up) Yeah, yeah.

ジョーン:ああ、そうだな。

Qrow: Well…That’s unfortunate.

クロウ:あぁ…こいつぁツイてないな。


トリビア 編集

  • クロウが話している際に岩に映し出された影はWorld of Remnantと同様の形式である。
  • クロウが話している際に流れる曲は "Gods.. Origin of Humankind.. Oh Right, And the Relics. Got All That?"である。作曲家の Alex AbrahamがフリーパブリックストリーミングとしてSoundCloudで公開したものである。

原文解説 編集

クロウのセリフの"painted a target on your back"は日本語に直訳すると背中に的を描くでこれは目を付けられるという意味である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki