Fandom

RWBY Wiki

All Our Days

162このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント1 シェアする

"All Our Days"は"A Minor Hiccup"のエンディングテーマ。RWBY: Volume 2 サウンドトラックに収録。

曲の構成編集

"All Our Days"はゆっくりとした、物憂げだが希望に満ちたバラードで、主にCasey Lee Williamsのボーカルとピアノで構成されている。歌詞はある少女に対して近親者(「私」)が語りかける内容になっており、彼女の人生が過ぎていく様子を描写している。歌はその少女が生まれる前の頃から始まっている。

その後、少女が生まれ、「私」は生涯の誓いを立てる。そして時が過ぎ、成長した少女を見て「私」は誇りに思う、という内容になっている。歌は最後に誓いの内容を繰り返して終わる。

曲はピアノの柔らかな演奏のみで始まる。ボーカルが加わると共に、メロディはよりボーカルに合うように変化する。コーラス部に向けてボーカルは少しずつ音程が高くなり、より強い信念を持って歌われる。そして一拍を置いてコーラスに入る。

その後、ピアノの短いソロ演奏があり2つ目のヴァースが始まる。2つ目のヴァースとその後のコーラスは基本的には1つ目と同じメロディだが、おそらくチェロと思われる弦楽器が追加されている。この弦楽器は均等かつ荘厳に、一層ボーカルを引き立たせるように演奏されるが、最終的にはフェードアウトし、曲はシンプルなピアノコードの伴奏のみで"I will stay with you all our days"を繰り返して終わる。

歌詞編集

英語版wikiへ

訳詞(本Wiki独自)編集

遠い昔、私たちが出会う前
私は君の事を夢見たんだ
君がもたらす平和
共にうたう歌
君が新たなものを生み出すところをね

そしてある日、君はやって来た
君の天使のような泣き声を聞いたよ
無力で、小さくて、それでいて完璧だった
君の人生へようこそ

その日に、私は誓いを立てたんだ
ささやくように、でも心からの
何があろうと、どれ程のことがあっても
この約束を守るよ

君に寄り添い、手を離さない
君を抱き締め、背を向けたりしない
君を置いていったりしない、どこにも行かない
いつまでも君のもとにいるよ

それから喜びの日々が過ぎていったね
君の成長を見守る時間とともに
君が遊んでいるのを見て、毎日が新鮮だった
時の流れが遅くなることを願ったよ

だけど少女は姿を消した
君のことを素晴らしく誇りに思ったよ
人生がこうも変わるなんてね
今は君が私のヒーローなんだから

だけど人生は移り変わるもの
友人たちがやって来ては去っていく
何があっても疑わず、恐れないで
私はいつもここにいるのだから

君に寄り添い、手を離さない
君を抱き締め、背を向けたりしない
君を置いていったりしない、どこにも行かない
いつまでも君のもとにいるよ

いつまでも君のもとにいるよ

トリビア編集

  • 本曲はJeff Williamsから、娘Caseyへのメッセージとして書かれたものである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki