FANDOM


"Bmblb"RWBY: Volume 4 サウンドトラックに収録された曲。(本編では未使用)

歌詞編集

英語版wikiへ

訳詞(本Wiki独自)編集

私がいつも行く庭がある
もし君が私に出逢っても、誰も知らない庭
春の朗らかな光の下
周りには誰もいない、ふたりきり

蝶や小鳥が辺りを舞う
彼らは何も言うことなく、私たちの秘密を知らんぷり
けど、皆知らない訳ないよね?
本当はこの愛の育みを見守ってくれてるんでしょ

少しの間座って
隣で君の笑顔に見惚れる
夢みたいだけど、本当なんだね
頭の中は蜂のように忙しないし
心の中は好きでいっぱいだよ
もちろん、全部君のせい

ねぇ、わからない?
君と一緒にいること
これは私と君の、心の庭での話
君が私の女王様で
私は君の夢になれる
まるでファンタジーみたい
でも夢の中くらい好きにしてもいいよね?
私を君のミツバチでいさせて

今、花々が咲き誇る
貴方は私の闇も陰も追い払ってくれた
木立を風が通り抜ける音が聞こえる
貴方の声はそよ風みたいね

疑り深い心はどこへやら
貴方が隣にいるといつもそう
青い空を雲が駆け足で過ぎていく
貴方のキスを考えて
幸せな気分に浸る
幸せ過ぎるくらい

ねぇ、わからない?
貴方が隣にいること
これは私と貴方の、心の庭での話
そこでは貴方が女王様
私は貴方の夢でいられる
まるでファンタジーね
夢の中でなら、私の好きにしてもいい?
私を貴方のーー

セレナーデのように
貴方がくれるすべての言葉は
私をますます深く
貴方との恋に落としていく

パーディ・ビートのように
ああ、貴方はなんて素敵なの
毎日が晴れで、甘い蜜のよう
生きてるって感じる
ねぇ、ミツバチさん、私を巣へ連れ帰って

ねぇ、わからない?
君と一緒にいること
これは私と君の、心の庭での話
君が私の女王様で
私は君の夢になれる
まるでファンタジーみたい
でも夢の中くらい好きにしてもいいよね?
私を君のミツバチでいさせて

トリビア編集

  • "Bmblb"は"Bumblebee"の母音を除いたものである。
  • 本曲は元々予定されていたものではなく、Jeff Williamsがある怪我をしたことでサウンドトラックのリリースが遅れ、作曲の時間が出来たことでリリース直前に追加されたものである。なお、この作曲の際には内容についてRooster Teethと一切相談をしていないとのこと。