FANDOM


"From Shadows"ブレイク・ベラドンナのテーマ曲。"Black" Trailerで使用されているバージョンの他に、歌詞が追加されたアルバムバージョンもある。RWBY: Volume 1 サウンドトラックに収録。

曲の構成編集

曲はDマイナーの柔らかなピアノ演奏と歌詞の無いボーカルで始まる。そこから早いテンポのシンセベースとパーカッションのパートに移行する。

その後、アトラシアン・ナイト-130の"Intruder, identify yourself"というセリフの後に、Eマイナーのアップテンポギターの演奏で歌が始まる。歌の後はギターソロが入り、最後にピアノの短い演奏で曲は終わる。

ボーカルはCasey Lee WilliamsJeff Williamsの両者が務めている。歌のトーンやスタイル、歌詞は不満や怒りを示しており、 それに合わせて歌手も不満や、不当な行為に対する報復の意思を表現している。

歌詞編集

英語版wikiへ

訳詞(本Wiki独自)編集

"Black" Trailer編集

アルバム編集


何も持たず生まれ
気がつけば差別と支配の真っ只中
まるで価値のない動物扱い
権利まで剥奪され
ただの下等な存在
人間達の残酷なルールが何もかも打ち砕いた

声を上げたとき
私達は皆、自分の人生を歩みたかっただけ
でもこの暗闇の中では
欲しいものは何でも奪って這い上がるしかない
這い上がってやる
這い上がってやる

影から舞い降りて
私達は世界に牙を剥く
お前達が奪ったものを奪い返す
影から舞い降りて
私達は運命を取り戻す
未来を求めて叫ぶ
自由をこの手に
自由をこの手に

無知と恥辱の中を生き抜いて
苦悩と苦痛の日々をかいくぐり
嘲笑と侮蔑の目を振り払い
この運命を縛るものはもはや何もない

俺達を嘘吐きと呼べ
化け物だと、人殺しだと
無情で冷酷な、イかれた犯罪者だと呼べばいい
鈍間、愚図
純粋悪に他ならないと言われ
私達に残されたものは虐殺だけ

どこで間違えたの
非難を浴び日陰に隠れて過ごし
抑圧されるのもするのにも疲れてしまった
私達は何を求めていたの?
自由をこの手に
自由をこの手に

影から舞い降りて
私達が心から望んだもののために

影から舞い降りて
本当の運命を取り戻すために

トリビア編集

  • "From shadows, we'll descend upon the world,"(闇の中から、世界を急襲する)の部分は"Red Like Roses"の"Black the beast descends from shadows."(黒き獣が闇より襲撃する)の部分に対応している。
  • 本曲の歌詞はブレイクがファウナスであるということ("The Stray"で明かされる)に触れている。また、ファウナス権利革命ホワイト・ファング、劇中のファウナスに対する一般的な差別についてもほのめかしている。
  • アルバムバージョンのいくつかの歌詞は、劇中のセリフ、特にブレイクのセリフに類似している。