FANDOM


"Gold"は"The Shining Beacon, Pt.2"のエンディングテーマ。RWBY: Volume 1 サウンドトラックに収録。カバーアートにはヤン・シャオロンが描かれており、歌詞ではヤンの考えやルビーに対する愛情が表現されている。

曲の構成編集

Jeff Williamsは現代の日本の音楽、J-POPやアニメのオープニングなどを引用し、本曲はそれらの影響を受けていると述べている。 彼は本曲のことを"アメリカの70年代POPの日本版、のアメリカ版"と表現した。

"Don't you worry about the dark, I will light up the night with the love in my heart"(暗闇を恐れないで、私の心の中の愛で夜を照らしてあげる)"I will keep you safe and warm"(あなたを守り暖めてあげる)といった歌詞からも分かるように曲調だけでなく歌詞も明るいものになっている。

Casey Lee Williamsのボーカルはキーボードとライトパーカッションをバックにしている。全体的に明るい曲調だが、2つ目のコーラスの後のヴァース部分はフィンガー・ピッキングギターによる柔らかで悲しげなトーンの曲調になっている。

歌詞編集

英語版wikiへ

訳詞(本Wiki独自)編集

トリビア編集

  • Rooster TeethのExtra Lifeチャリティ配信への寄付の見返りとして、本曲がSoundCloudにアップされた。
  • ジョーンのリグテスト動画(Jaune's rig testing)のBGMとして本曲が使用されている。これは本編と無関係な動画としては初めて公開されたものである。
  • Jeff Williamsはあるインタビューで、本曲がサマー・ローズの死後、ルビーを慰めるヤンのことを歌った曲であると述べている。
    • 歌詞の"the smell of a rose on a summer's day"(夏の日の薔薇の匂い)という部分は、サマーの名を想起させている。
  • Volume 2の"Burning the Candle"でノーラがヘッドフォンで聞いているのは本曲である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki