FANDOM


Monyreak "Monty" Oum[1]はクリエイター、監督、脚本家、アニメーター、声優。Rooster Teeth Productionsで"Red vs. Blue"の制作に携わっていた。 また、"Dead Fantasy"や"Haloid"といったファンプロジェクトも制作した。彼の目標はオリジナルの作品を作ることであり、"RWBY"として実現した。その中で彼は、ライ・レンの声を演じた。 アメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンス生まれ。本人はカンボジア人でベトナム人で中国人で日本人だと考えている。四人の兄弟と二人の姉妹がいる。兄のNeath Oumは2015年にモンティが亡くなった後ライ・レンの声優を引き継いだ。2014年5月10日に結婚。[2]

"RWBY"の始まり編集

"RWBY"シリーズのアイディアは"Red vs. Blue"のシーズン9を制作しているときからモンティの頭の中に有った。ある夜、Shane Newvilleも一緒に居たレストランIHOPで"RWBY"の世界をデザインした。 彼がまず世界から作り始めたのは、「地理は文化を定め、文化は人々を定める」からだという。最初の地図はナプキンにケチャップで描かれた。 彼によるとBurnie Burnsに"Red vs. Blue"のシーズン10が終わったら自由にしていいと伝えられた。ストーリーの簡単な説明を伝えると"RWBY"を制作する許可を得た。[3]

編集

2015年1月22日、アレルギー反応で昏睡状態になり入院。この事は30日にBurnieにより「Montyは救命救急診療中で回復するかは分からない」と発表された。[4] Montyの医療費を賄う為に募金ページが開設された。[5] 募金により、3時間で5万ドル、5時間で10万ドル、24時間で15万ドルをが集まった。 Montyは昏睡状態から目を覚ますことなく、2015年2月1日に33歳で死去した。[6] RTX 2015ではファンがメッセージを残し、Montyに敬意を表するための記念碑が設けられた。

トリビア編集

  • Montyは効率を重視しする人物で作業に使用しないキーボードのキーを外していた。また、作業をするために睡眠をあまり取らないということがよくあり、ファンに休むように言われていた。彼はこの事をジョークとしてRWBY Rexで使うことがあった。
  • Montyの名前は、彼の父親のMonyから付けられた。彼の名前のMonyreakの意味は「パンのかけら」。[7]
  • Montyは高校を中退している。
  • Montyは元々オズピンの声を演じる予定だったがShannon McCormickに変更になった。
  • 彼は作品の中にカラスを入れる事が有り、これはおそらくクロウ・ブランウェンを示している。
  • Montyは猫とビャクシン属(juniper)のアレルギーだった。[8]
  • Montyの死を受け、オンラインコミュニティであるGaia Onlineは彼の功績を称え、クレセント・ローズの形をした"Red Crescent"というアバターアイテムを配布した。このアイテムの説明には、「前に進み続けろ("Keep moving forward")」と書かれている。
  • RT Animation社の新しい社屋にはMontyを記念して彼のモーションキャプチャースーツや、彼の名前が記されたスター証明書等が飾られた"The Monty Oum Performance Capture Stage"がある。[9]

リンク編集

参考編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki