FANDOM


概要 編集

d0tさんから頂いた翻訳文です。

翻訳文 編集

Chapter 1:Boots on the Ground 第一章:派遣部隊

最初の戦闘前 Ruby: Whoa, look at all these Grimm. Let's get'em! ルビー:わっ、グリムがたっくさん!やっつけよう! Weiss: (SIGHS) And I thought today would be relaxing. ワイス:(ため息) 今日はくつろげると思ってましたのに。 Blake: Let's get down to business. ブレイク:仕事に取り掛かろう。 Yang: What a beautiful day to pummel some monsters! ヤン: モンスターを殴るにゃもってこいの日だね! Yang: Let's start this mission with a Yang! ヤン:ヤーン(バーン)っと行ってみようか!

戦闘終了→汎用台詞1

Peter Port: Nice work, students! As you know, we've been having some trouble with the Security Network in this area. We need boots on the ground to investigate. That means you, team! Onward! ピーターポート: よくやったな、学生諸君!知っての通り、この地域のセキュリティ・ネットワークでは問題続きでな。現地調査のため派遣部隊が必要だったのだ。つまり君らチームがそうだ!前進せよ!

遺跡を見て Ruby: Wow! I wonder if Dr. Oobleck knows about this place. ルビー:わあ!ウーブレック博士ならここについて知ってるかな? Weiss: This look like it has seen better days. ワイス:今は見る影もないといったところですわね。 Blake: Who do you think built these? ブレイク:誰が造ったのかしら? Yang: I wonder how old this stuff is. ヤン:これ、どのくらい古いんだろ?

Peter Port: Ah yes, the Emerald Forest is filled with ruins of ancient kingdoms. Keep an eye out for artifacts. Dr. Oobleck is always looking to expand Beacon's collection. ピーターポート: おお、そうだな。エメラルド・フォレストには古代王国の遺跡がそこらじゅうにある。 遺物には目を光らせてくれ。ウーブレック博士は常々ビーコンの収蔵品を増やしたいと思っておってな。

ベオウルフ戦前 Ruby: [excitedly] Beowolf! ルビー:[わくわくしながら] ベオウルフ! Weiss: Let's see if this one puts up a challenge. ワイス:張り合いのある相手かしらね Blake: Another enemy! ブレイク:新手よ! Yang: Kiddie gloves are comin' off! ヤン:手加減は抜きだね!

Peter Port: The security control center for this region is inside that cave. Go have a look and maybe we can discover what the problem is. ピーターポート:この地域におけるセキュリティのコントロール・センターはその洞窟の中だ。さあ見に行ってくれ、何が問題がわかるかもしれん。

Peter Port: Hmm. Some sort of foreign object. I feel like I've seen that symbol before... Nevermind that! Defend the control center while I undo the damage. Make sure your weapons are loaded and your mustache wax is stowed! This could get hairy. ピーターポート: ふーむ。ヴェイルのものではないな。そのシンボル、以前どこかで…… まあ気にするな!ワシが修復作業をしている間、コントロール・センターを守るのだ。弾の装填と口ひげ用ワックスをしまうのを忘れるなよ!髭を撫でてはおられんぞ!


WAVE 1 OF 4 COMPLETE Professor Peter Port(以下Port):Students, we're a quarter of the way there. Keep up the good work! ピーター・ポート教授(以下ポート教授):これで四分の一といったところだ。その調子で頼む! WAVE 2 OF 4 COMPLETE Port: Halfway point, team! ポート:もう折り返しだ! WAVE 3 OF 4 COMPLETE Port: Hold on just a little longer, we're almost finished! ピーターポート: もう少しの辛抱だぞ。 完了まであと少し! VICTORY YOU DEFENDED THE CONTROL CENTER VICTORY コントロールセンターを守り切った。

Peter Port: Bravo, team! Bravo! The security network in this region is shipshape once again. I'll get some of our staff to see if they can find anything about that mysterious symbol. Excellent work. ピーターポート:ブラボーだ、チームの諸君!ブラボー!この地域のセキュリティ・ネットワークは以前同様万全だ。その謎めいたシンボルだが、我が校の教員に何かわからんか確かめさせよう。素晴らしい働きぶりだったぞ。

Chapter 2: Technical Difficulties 第二章:技術的な問題

Peter Port: Another area, another security network in need of repairs. Keep an eye out for any clues about who did this. We're all counting on you! ピーターポート: この地域のセキュリティー・ネットワークも修理が必要でな。犯人を捜す手がかりに注意してくれ。我々は君らだけが頼りなのだ。

Peter Port: These are more dangerous than the Grimm you've fought before. When it sees you, it will spin before it charges. While it's spinning, dodge out of the way. It will be disoriented after it passes you. That's when you strike! ピーターポート: こやつらは今までのグリムよりも手強いぞ。ヤツらは我々を見ると、回転して突進してくるのだ。回転している間に、ヤツらの進路から身をかわすように。突進が終わると、ヤツらはしばらく頭が混乱する。その時が攻撃のチャンスだ!

Peter Port: Hmm, I know it's a stretch, but maybe you can operate that mechanism to extend the bridge. ピーター・ポート:ふーむ、大変とは思うが、おそらくその装置で橋を下ろせるだろう。

Peter Port: HA! It worked! And... seemed to attract some Grimm. Happy hunting! ピーターポート:ほお!うまくいったぞ!だが..グリムを引き寄せたようだな。ハッピー・ハンティング!

Peter Port: Just as I thought: more sabotage from our friend with the symbol. But those cages... was someone trying to capture Grimm? Hrm... I don't like the looks of this. For now let's just focus on the objective. These control centers are linked, so you'll need to defend both of them while I undo the damage. Get ready! ピーターポート:やはり、あのシンボルの連中から更なる妨害行為があったか。だが、この檻は……誰かがグリムを捕獲しようとしたのか? ふん……この感じ、気に入らんな。ひとまず、目的に集中しよう。コントロール・センターは繋がっておる。ゆえに、ワシが修理する間、諸君にはどちらも守ってもらわねばならん。準備はいいか!

Peter Port: Good show, team! I've just received a report... Hmm that's right, the symbol we've been seeing belongs to Merlot Industries, an old research and development corporation -- far before your time. The company was crippled by the collapse of Mountain Glenn, where they lost their primary facility and chief staff members. They never recovered from the incident and eventually shut down. Which begs the question... why is their technology suddenly popping up in the Emerald Forest? Hrmmm, I've never been one for riddles and history -- more a man of action if I do say so myself. But I think I know someone who can help... Onward! To Victory! ピーターポート:でかしたな、チームの諸君!今、報告書を受けとったのだが...ふーむ、そうだったな。我々が目にしたシンボルはメルロー・インダストリーズのものだ。かつて研究開発をしておった会社でな。まあ、今からずっと前のことだ。メルロー・インダストリーズは、マウンテン・グレンの陥落で主要な施設と職員を失い、死に体となった。その打撃から回復できず、結局経営不能となったはず。そこが問題だな……なぜメルロー・インダストリーズの技術がエメラルド・フォレストに突然現れたのか?ふーむ、ワシは謎解きや歴史に向いた人間ではない。まず行動する人間なのだ、自分で言うのもなんだがな。しかし、助けになる人間を知っておる……さあ前進だ!勝利に向かって!

Chapter 3: The collapse 第三章:崩壊

Dr. Oobleck: Professor Port informed me that you found some old Merlot Industries -- um.... well, technology interfering with our security network. It might be nothing... OR IT MIGHT BE EVERYTHING! Either way, I believe it's worth investigating the Merlot industries building in Mountain Glenn. If my old maps are still accurate, it should be located somewhere near the center of town. Just do your best not to end up like the brilliant men and women who worked there... ウーブレック博士:ポート教授によると、諸君はメルローインダストリーズの――ふむ、技術がセキュリティ・ネットワークの妨害に使われていることを発見したそうだなッ。それは、何でもないかもしれないがッ...何でもあるかもしれんッ!いずれにせよ、マウンテン・グレンのメルロー・インダストリーズの建物を調査する価値はあるはずだッ!もし私の昔の地図が依然正確であるならば、町の中心部のどこか近くにそれはあるだろう。最善を尽くしてほしいッ!ここで働いていた善良な人々のような死を遂げないようにな……

Blake: Great. Mountain Glenn. Again. ブレイク:すてきね。マウンテングレン。再び。

Dr. Oobleck: Well, that's an issue. It appears the bridge is blocked. According to my map, you should be able to take a detour through the city's old waterway system. ウーブレック博士 :さて、問題発生だッ!橋がふさがっているようだ。地図によると、市内の古い水路を使って迂回できるはずだッ!

Weiss: Why can't things ever be easy? ワイス:どうしていつも問題が起きますの?

Dr. Oobleck: Activate that switch to open the lock. I hope it still works, it look a little rusty. ウーブレック博士:ロックを解除するためにスイッチを入れてくれ。動作するといいが。どうやら少しさびているようだ。

Final wave complete 最後の群れを倒した後

Dr. Oobleck: Ah ha! The door is open! ウーブレック博士:ハハッ!ドアが開いたぞッ!

Dr. Oobleck: There! That's the facility! I can't believe how well it's withstood the years... a shame, still... Dr. Merlot would've never let something like this hinder the progress of his work. I can only imagine what we'll find inside. ウーブレック博士:あれだ!あの建物だッ!月日が流れても未だに持ちこたえているとはな…それでも残念なことだ。メルロー博士も自らの仕事の邪魔は望んでなかったろうに。中で何が見つかるかは想像しかできん。

Dr. Oobleck: Oh dear... Watch out, team! The treasure hunt will have to wait until you kill those Grimm! ウーブレック博士: おっと…気をつけろ、チーム諸君!宝探しはこのグリムを一掃してからのようだなッ!

Chapter4:Below the Surface 第四章:地下層

Blake: Ugh... where are we? ブレイク:くっ……ここは一体?

Dr. Oobleck: Thank goodness... I'm afraid you're now in Mountain Glenn's subterranean levels. This area has become even more dangerous since our last... er, visit... so be careful! ウーブレック博士: ありがたい……どうやらマウンテン・グレンの地下層のようだな。この区域は、前回の我々の……うむ、訪問……からずっと危険になっているッ!気を付けるようにッ!

Blake: The White Fang didn't do this place any favors. Let's find a way out. ブレイク: ホワイトファングはここをめちゃくちゃにしただけだったわ。出口を見つけましょう。

Blake: What WAS that thing! ブレイク:一体なんだったの!

Dr. Oobleck: It appeared to be a creature of Grimm, but modified... mutated. This will require further study. It's fascinating... but very, very troubling. Excellent work, team. ウーブレック博士:グリムのようではあったが、変わっていた...変異していたんだ。これにはさらなる調査が必要だッ!興味深い...…だが、大いに厄介だ。上出来だったぞ、チーム諸君。

Dr. Oobleck: you should be able to reach an exit through these doors.. Just turn the power back on so we can open them up. ウーブレック博士:このドアを通れば出口に着くはずだ……ドアを開けるように、電源を入れ直してくれ。

Dr. Oobleck: Oh dear... that is a bomb. And a very large bomb at that. Who would booby trap this place?! Give me a moment... ウーブレック博士:おっと...これは爆弾だな。その上非常に強力な爆弾だ。誰がこんなところにブービートラップを?!ちょっと待ってくれ……

Dr. Oobleck: Okay team... Physically tampering with the device or the cart it's attached to could possibly trigger an explosion. Luckily, these tracks lead to a deep chasm and underground river, but with the way this device is rigged, you're going to have to power the cart's engine. Gather as many nearby Dust crystals as you can find! Time is of the essence, but remember to remain calm! [GRIMM HOWLS IN DISTANCE] RIGHT, FORGET THAT! JUST HURRY! ウーブレック博士:よし、チームの諸君……その爆弾や爆弾が設置されている荷車を物理的に下手にいじれば、爆発しかねない。幸いなことに、そのレールは、深い割れ目や地下水へ通じている。だが、決まった方法で、カートに動力を供給する必要があるッ!近くで見つけられる限りのダスト・クリスタルをかき集めてくれ!迅速さが肝心だが、冷静さを保つことを忘れるなッ![遠くからグリムの遠吠え]うむ、今のは忘れろッ!とにかく急ぐんだッ!

Dr. Oobleck: You're almost there! OHHH IT'S GONNA BE CLOSE! ウーブレック博士:もう少しで到着だ!おお、間一髪だったな!

Dr. Oobleck: [HUGE SIGH OF RELIEF] Well... I'm glad everyone was able to keep their cool... and not explode... that would've made for an uncomfortable parent/teacher conference. Still... who reprogrammed the security network? Who set that trap? And where in the world did the mutated Grimm come from? I have several theories... and none of them are good news. ウーブレック博士:[大きな安堵の溜息]まあ...皆が平静を失わず、……爆発しなかったのは大変喜ばしい。もし爆発していたら気まずい保護者面談があっただろう。それにしても……セキュリティ・ネットワークを再プログラムした犯人は?トラップを仕掛けた犯人は?そして、あの変異グリム(ミュータントグリム・ミューテイテッドグリム)は一体どこからきたのか?私見はあるが、……いずれも良いニュースではないな。

Chapter 5: Right On Track 第五章:軌道に乗って

Weiss: We should look around for a way to open these doors. ワイス:扉を開くための方法を探しましょう。

Weiss: Hmmm, it's probably no accident these columns are here. ワイス:ふむむ、この柱がここにあるのは、おそらく偶然ではありませんわね。

Weiss: Another green one. Uh, this isn't a good sign. ワイス:また緑のグリム。はあ、嫌な予感がしますわ。

Dr. Oobleck: This is indeed concerning... those mutated Grimm you fought in Mountain Glenn were no fluke. Now we know there are more of them. Follw those train tracks uphill and maybe we can find out where they're coming from? ウーブレック博士:確かに憂慮すべき事態だ……諸君がマウンテングレンで戦った変異グリムは、まぐれ当りなどではなかったわけだ。我々は今や奴らが僅かな例外ではないと知った。その線路をたどって登っていくんだ。おそらく変異グリムがどこから来ているかのかわかるだろう。

Dr. Oobleck: Team! That was an incredible display of fighting mastery. We must get to the source of where these mutated monstrosities are coming from, and most importantly - who's behind it. I sense we'Re getting close! If you can manage to get to the end of the rail line, we just might find the answers we need. ウーブレック博士:チーム諸君!驚くべき戦闘技術を披露してくれたな!あの変異した怪物どもがどこから来るか、情報を掴まねばならん。そして、何よりも重要なのは、その黒幕を掴むことだ。真実は近いぞ!この線路の終わりに辿り着けたら、我々が求める答えを得られるかもしれんッ!

Chapter 6 :End of the Line 第六章:終点

Dr. Oobleck: Hmmm, no sign of those train tracks anywhere. They must be hidden behind one of those doors. See if you can find a way to get them open. ウーブレック博士:ふむ、あの線路はどこにも見えないな。この扉のどれかの向こう側に隠れているに違いない。扉を開ける方法がないか確かめてくれッ!

Dr. Oobleck: What are they loading onto that ship? Something's not right. ウーブレック博士:あの船には何が載っているんだ?何か良くないものだろうな。

Dr. Oobleck: Team... this discovery is a bit unexpected and is worse than I feared. That appears to be an active Merlot Industries ship. But Dr. Merlot hasn't been heard from or seen in ages... I must inform Ozpin at once. Meanwhile, I want you to investigate the ship, but please keep a safe distance. ウーブレック博士:チーム諸君……この発見はいくぶん予想外であり、予想以上に悪いぞ。どうやらメルロー・インダストリーズの船は現役らしいな。しかし、メルロー博士は長い間、公の場から姿を消している……ただちにオズピン学長に知らせねば。その間、諸君には船の調査を頼みたい。しかし、どうか安全な距離を確保してくれ。

Weiss: This temple looks more like a warehouse on the inside. ワイス:この神殿、内側はむしろ倉庫のようですわ。

Dr. Oobleck: This temple looks like it's being used as a temporary storage facility - for Grimm of all things! This is quite the discovery! ウーブレック博士:この神殿は一時保管倉庫として使われているようだなッ―よりによってグリムの保管とは!これは大変な発見だぞッ!

Dr. Oobleck: Great job! You've made it to the ship. I may need you to get a closer look to see what kind of cargo they're carrying. But, be careful not to be spotted. Who knows what kind of security they have. ウーブレック博士:大手柄だッ!船まで辿り着いたな。輸送されている貨物の種類を確認する必要があるだろう。だが、見つからないように気を付けてくれ。どんな類のセキュリティがあるかわからん。

Yang: All aboard! Let's see where this little sightseeing tour takes us. ヤン:出発進行!このちょっとした観光ツアーの目的地はどこだろーね。

Dr. Oobleck: Team?! Where are you? Report in! Students, please! ウーブレック博士:チーム?!どこにいるんだ?応答してくれ!頼むッ!

Dr. Oobleck: Oh dear. Ozpin's not going to be happy about this. ウーブレック博士:なんということだ。オズピン学長は喜ばんだろうな。

Chapter 7: The Island of Dr.Merlot 第七章:メルロー博士の島

Yang: Well this has turned into quite the field trip. ヤン:うん、なかなかの社会見学になってきたね。

[radio static] [無線のノイズ]

Yang: Paging Doctor Oobleck. Repeat, paging Doctor Oobleck. Is this thing on? ヤン:お呼び出しいたします。ウーブレック博士、ウーブレック博士。これ電源入ってる?

[radio static... indecipherable voice] [無線のノイズ…聞き取ることができない]

Yang: Let's head over to that tower... thingy. Maybe we'll get better reception. ヤン:あの塔…っぽいのに向かおう。たぶん、もっと電波が良いはず。

Yang: I guess this island isn't so deserted afterall. At least I'll get a suntan while I destroy these guys. ヤン:結局、全くの無人島ってわけでもなさそうか。こいつらを倒す間は、少なくとも肌を焼けるね。

Yang: I see the tower. You there Dr. Oobleck? ヤン:塔が見えるよ。聞こえる? ウーブレック博士?

[radio static... indecipherable voice] [無線のノイズ…聞き取ることができない]

Yang: Still no reception. Let's push the button thingy up there. ヤン:まだ電波が悪いか。そこのボタンっぽいのを押してみよう。

[radio static]Whatever you just did... keep doing that! The radio [unintellligible speaking]... somewhere else on the island. You must... [radio static] ... and then [radio static]. Understood? [無線のノイズ]何をしたにせよ…それを続けてくれッ!無線[聞き取れない]…この島のどこかだろう。絶対に…[無線のノイズ]…それから[無線のノイズ]。わかったかね?

Yang: All I heard was "Keep doing that," so that means we need to disable more radio jammers? ヤン:「それを続けてくれ」しかわからなかったけど、つまり、他のジャマーを無効にすりゃいいってこと?

Yang: Let's shut that thing down so we can use the radio. ヤン:無線が使えるように、ジャマーを止めにいこう。

[through less radio static than before] Team! It's working. The signal seems better but... [unintelligible dialogue]. A little more and I can pinpoint your location on the island [unintelligible dialogue]. Nevertheless, keep it up! [さっきより軽減した無線のノイズ]チーム諸君!うまくいってるぞッ。シグナルは強くなっているが、…[聞き取れない]。もう少し…、その島の諸君の位置を正確に特定できる[聞き取れない]。とは行っても、頑張ってくれ!

Yang: Over there. Let's un-jam this jammer. ヤン:あそこだ。ジャマーの邪魔をしよう。

Unknown: Ahhh, that's better. Sorry, but the reception is always so bad all the way out here. I hope you're enjoying your stay on the Island. You're the first visitors I've had in, well, you are the first. 正体不明:ああ、良くなったようだ。申し訳ないね、こんなはるばる遠くではいつも電波状態が悪いのだ。島での滞在を楽しんでおくれよ。君らはこの島の最初の訪問者だな、ああ、一番最初のね。

Yang: Sorry, but I think you've got the wrong number. ヤン:すみません、掛け間違いじゃないかと。

Unknown: Oh, where are my manners? Allow me to introduce myself. My name's Dr. Merlot. You don't know me, but I most certainly know who you are. Nevertheless, I'm thrilled you're here. You might be exactly what I need or a very important... experiment. 正体不明:ああ、これは失礼したね。どうか自己紹介をさせてほしい。私はメルロー博士。君らは私をご存じなかろうが、私の方は君らが誰か確信している。それでも、君たちがここにいると胸が高鳴るよ。君たちこそ、私の望むもの、つまり、非常に重要な……実験なんだ。

Yang: An experiment? Are you trying to bore us to death? ヤン:実験?まさかあたし達を退屈させて殺そうと……

Dr. Merlot: For such terrific students as yourselves, this should be an easy test, right? メルロー博士:君らのような優秀な学生にとっては、簡単なテストだろうね?

Ozpin: So we meet again, Dr. Merlot. オズピン:また会えたようだな、メルロー博士

Dr. Merlot: Ozpin? Or shall I call you Oz like old times, chum? メルロー博士:オズピン?いや、昔日のようにオズと呼ぼうか?友よ。

Ozpin: I thought you perished in the Mountain Glenn disaster, a tragedy you played no small part in. オズピン:マウンテン・グレンの惨事で命を落としたと思っていたよ。君自身も張本人の一人だったあの惨事で。

Dr. Merlot: Twas a mere speed bump on the superhighway of scientific progress. You couldn't possibly imagine the ramifications of my latest research. メルロー博士:あれは科学の進歩という高速道路におけるただの減速帯さ。君には私の最新の研究がどこへ行き着くか想像もできないだろうな。

Dr. Merlot: You're calling me the reckless one? Sending your studinet out to an excursion like this? メルロー博士:私を無謀と呼ぶのかな?生徒をこんな小旅行に送り込んだ君が?


Ozpin: They're more than a match for your mindless robots. What you're doing here is wrong, Merlot. オズピン:君の愚かなロボットではこの子達の相手にならないよ。君がここでしていることは間違いだ、メルロー。

Dr. Merlot: Trying to make the world a better place is wrong? Say what you will about me. It won't change the fact that you're powerless to stop me. メルロー博士:世界をよりよくすることが間違いだと?好きに言えばいいさ。君が無力であり、私を止められないという事実は変わらない。

Ozpin: You'll botch this somehow. You always do. オズピン:君はまた失態を演じることになる。いつものように。

Dr. Merlot: Well, let's agree to disagree. I tell you Oz, it has been truly a pleasure catching up, but unfortunately it's time for me to run. Farewell, old chum. メルロー:やれやれ、見解の相違を認めようか。?オズよ、久しぶりの会話は真に愉快ではあるが、残念ながら去らねばならん。さらばだ、古き友よ。

Ozpin: Team, we've been attempting to locate Merlot's island, but we've yet to obtain its cordinates. I need you to continue to exploring the island and contact me when you find any evidence of his whereabouts. オズピン:チームの皆、メルローの島を特定しようとしているが、まだ座標は不明だ。君たちには島の探検を続けてもらいたい。そして、メルローの居場所を示す証拠があれば教えてほしい。

Chapter 8: A Grimm Discovery 第八章:グリム・ディスカバリー

Yang: [sighs] I wish I could say something funny about this place, but it's so gross and sad here. If by 'something' you mean an industrial sized drilling operation, then yeah we totally found something. ヤン:[ため息]この場所のことで何か面白いことが言いたいんだけど、ここはキモイやら陰気やらでちょっと……。「大したもの」が工業規模の掘削作業って意味なら、まあ、これは大したものだけどね。

Ozpin: I suspect Merlot is on this island for a reason. He's harvesting this substance, and whatever he's using it for can't be good. オズピン:メルローは理由があってこの島にいるのだろう。メルローはこの物質を採取し、何かよからぬことに使っているんだ。

Dr. Merlot: Heyyyyy now. I wouldn't do that if I were you. メルロー博士:ちょ~っと待ちたまえよ。私だったらやめておくがね。

Ozpin: Good. That definitely got his attention. I want you to follow the pipeline. With any luck, it will lead us right to Dr. Merlot. オズピン:よし。間違いなく奴の注意を引いたはずだ。そのパイプラインをたどってくれ。運が良ければ、メルロー博士の元へ辿りつける。

Dr. Merlot: I can hear everything you're saying, you know! メルロー博士:私に全て筒抜けなんだがねぇ!

Yang: I'd prefer not to get burned. Follow me. ヤン:火傷したくないな。ついてきて。

Dr. Merlot: Oh Oz, your puny proteges have proven to be quite annoying. メルロー博士:ああオズ、君のちっぽけな被保護者はなんと不愉快なのだ。

Ozpin: I can remember the other professors at Beacon saying the same about you, Merlot, though the word they chose was less kind. オズピン:ビーコンの他の教授が君の事を同じように言っていたよ、メルロー。だが、教授たちの言葉はもっと辛辣だった。

Ozpin: Ever since you got it in your head that experimenting on Grimm was a good idea... your obsession has and will continue to be your downfall. オズピン:グリムに対する実験を良い考えだと君が思ったときからずっと……、その妄想が今までもこれからも君を破滅に招くんだ。

Dr. Merlot: The Grimm are a superior species, fascinating in their biology, their unbridled, raw aggression and lack of sentience make them the perfect vessel. メルロー博士:グリムは優れた種なのだ。その生態は興味深く、奔放かつ剥き出しの攻撃性と感覚の欠如の為に、完璧な器でもあるのだ。

Ozpin: Tha line of thought illustrates exactly why you could never be trusted, Merlot. オズピン:そのように考えるから、誰からも信頼されなかったのだよ、メルロー。

Dr. Merlot: Do you believe things happen for a reson, Oz? I mean, your little prodigies practically washed ashore here on my island. メルロー博士:物事には理由があると思うかね、オズ?つまり、君のちっぽけな神童たちはまさに私の島の浜辺へ流されてきたろう?

Ozpin: I'm not sure what you're getting at. オズピン:何が言いたいのかね?

Dr. Merlot: Maybe they can be of some use to me after all? How serendipitous. メルロー博士:結局、あの子たちは私の役に立つかもしれないな。なんという発見だ。

Chapter 9: The Grand Tour 第九章:グランド・ツアー

Dr. Merlot: Greetings, and welcome to Merlot Industries, where we're building a beter tomorrow... today! メルロー博士:ようこそお越しくださいました。メルロー・インダストリーズはよりよい明日をつくります……今日ここで!

Yang: Wow, Merlot keeps this place sparkling. I guess his robots are good for something. ヤン:わあ、メルローはここをピカピカにしてるのか。あのロボットも何かの役に立つわけだ。

Ozpin: Team, in order for me to help you, I'll need to know the layout of the lab. Keep your eye peeled for any maps, schematics, or better yet - any access terminals that would allow us to tap into Merlot's network. オズピン:チームの諸君、私が君たちを助けられるように、ラボの内部配置を把握したい。案内図や配置図には注意してくれ。あるいは、いっそのこと ――メルローのネットワークに侵入できるアクセス端末でもいい。

Dr. Merlot: Making yourselves at home, I see? I want my guests to feel welcome, but, my Security team rarely feels the same way. メルロー博士:なるほど、くつろいでいるようだね?私としては来客を歓迎したいが、私のセキュリティ・チームは滅多にそうは思ってくれんのだ。

Yang: Stay back! That's one piping hot pipe! ヤン:下がって!この配管はいかんってね!

Yang: Sometimes you gotta let off a little steam. ヤン:たまにはガス抜きしないとね。

Dr. Merlot: Here at Merlot Industries, we take pride in innovation. Together, with your help... and a little of your special spark, we will build a better tomorrow! メルロー博士:ここ、メルロー・インダストリーズは、イノベーションを誇りとします。皆様のお力添えと、……皆様の特別な才気を少々とで、我々はよりより明日をつくります!

Ozpin: For you, Merlot, there won't be any tomorrow to 'restore.' オズピン:メルロー、君が「取り戻せる」明日などないんだ。

Yang: An elevator. This has been all too convenient so far. ヤン:エレベーター。ここまでで唯一の、嫌ってほど便利なものね。

Dr. Merlot: Here before you are the stage two processing tanks! メルロー博士:君らの目の前にあるのは、第二段階のタンクだな!

Yang: Those tanks must be filled with catnip for Grimm. ヤン:このタンク、グリム用のマタタビでいっぱいに違いないね。

Dr. Merlot: [sigh] I would appreciate it if you didn't break all my things, but alas, my Androids will rebuild it in no time. This way please. メルロー博士:[ため息]全部壊さないでもらえると有り難かったな。まあ、悲しいかな、私のアンドロイドは直ちに修復しててしまうがね。こちらへどうぞ。

Dr. Merlot: Here we have the Engineering wing, the so called 'brains' of the operation, if you're not counting my own intellect [laughs to self]. Don't be timid, there aren't any traps here... yet. メルロー博士:ここは工学棟だな。ここの活動のいわば「脳」だ。この私の脳を数に入れなければね[独り笑い]。怖がらないでおくれ。ここに罠なんてないさ……まだね。

Yang: Professor Ozpin, we found the motherlode of motherboards. ヤン:オズピン教授、機関の基幹部を見つけました。

Ozpin: Good find, team. Do you see any terminals that you can access. オズピン:よく見つけたな、チームの諸君。アクセス可能な端末はあるかね?

Yang :Didn't even break a sweat. ヤン:汗ひとつかかなかったなあ。

Dr. Merlot: Wait, did you just... oh no... how could I be so stupid?! メルロー博士:待った、一体何を……しまった……私はなんと愚かなのだ!

Yang: Aaand uploading. ヤン:今アップロード中ね。

Ozpin: You did it! Now, can you proxy the signal over to me with your scroll? オズピン:見事だ!さて、スクロールで私に届くようにサーバーへ信号を送ってくれるかな?

Dr. Merlot: Prepare to meet your doooom, students! メルロー博士:破滅させて差し上げよう、学生諸君!

Dr. Merlot: Would you rip them apart, already! メルロー博士:さっさとバラバラにしてしまえ!

Ozpin: It's complete. Let me see... yes, I have everything I need. Team, I want you to head to the lower levels... to the Manufacturing wing. オズピン:完了した。そうだね……。よし、必要なものは全て手に入った。チームの諸君、下層……製造棟へ進んでほしい。

Dr. Merlot: I'll be waiting... メルロー博士:お待ちしているよ……。


Chapter 10: Final Exam 第十章:最終試験

Ozpin: Good news, team. The coordinates of Merlot's secret lab were contained within the data retrieved from the terminal. An airship has been deployed and will rendzvous with your shortly. オズピン:良いニュースだ、チームの皆。端末から引き出したデータにこの秘密のラボの座標もあった。飛行船も向かっている。まもなく君たちと落ち合えるだろう。

Yang: One question - can I fly the airship when we're done? I think I've earned it. ヤン:一つ質問なんですけど、これが終わったら、飛行船操縦していいですか?それくらいのことはやったかなって。

Yang: That's how it's done. ヤン:これでどうだ。

Ozpin: You should be entering a power facility. Destroy everything you see that may be vital to Merlot's operation. オズピン:動力施設に入ってくれ。メルローの活動に必要そうな、見えるものすべてを破壊するんだ。

Dr. Merlot: You're not authorized to be in here! メルロー博士:ここへ入る許可は出していないぞ!

Yang: This stuff look important. Let's break it! ヤン:これ重要そうだね。壊しちゃおっと!

Dr. Merlot: Fine then. If that's how you want to play... メルロー博士:もういい。そうやって遊びたいというなら……

Yang: Quick! Escape through the vent! ヤン:急いで!通気口から脱出しよう!

Ozpin: According to my map of the lab, this room contains more processing equipment for his serum. You need to take it out. All of it. オズピン:ラボの地図によれば、この部屋にメルローの血清をさらに加工する設備がある。破壊してくれ。全てをだ。

Yang: Destroy everything!? You don't have to ask me twice. ヤン:全部壊せって!?言われなくっても。

Dr. Merlot: My serum... Thankfully, I may have already synthesized the perfect combination. It's still in a test phase, but so far the data is looking very impressive. メルロー博士:私の血清が……幸いにも、すでに完璧な組み合わせで合成できたかもしれん。まだテスト段階ではあるが、今までのところ、素晴らしい数字を示している。

Ozpin: Fantastic work. I must admit, you've really handled this well. The team back at Beacon is cheering for you. オズピン:大成功だ。君たちが上手くやっていると認めざるを得ないな。ビーコンにいるチームを君たちを応援しているよ。

Yang: My only regret is not bringing Zwei along. He would have had a blast today. ヤン:ツヴァイを連れてこなかったのが唯一の心残りかな。ここにいたらツヴァイも大喜びしたのに。

Dr. Merlot: Welcome to the testing grounds, students. Why don't you go ahead and get acquainted with my test subjects. They could use the exercise. メルロー博士:実験場へようこそ、学生諸君。さあ、先へ進み、私の被験者と仲良くしておくれ。彼らは動ける奴らでね。

Dr. Merlot: Well... That didn't go according to plan. Let's make this more interesting! メルロー博士:やれやれ……計画通りにはいかんな。もっと楽しくして差し上げよう!

Dr. Merlot: A little more effort, maybe? I thought this was my most potent batch of serum?! メルロー博士:あと一押しか?これは最も強力な血清ではなかったのか?!

Dr. Merlot: No!! And so it has come to this... メルロー博士:こんなはずでは!こうなればもう……

Yang: Whoa! That is one serious stinger! ヤン:うわっ!ホント刺々しいね!

Dr. Merlot: Don't be shy, students. You could learn a lot from this enhanced specimen. They won't teach you a thing about this back at Beacon. メルロー博士:遠慮するなよ、学生諸君。この強化検体から多くのことが学べるだろう。ビーコンに戻ってもこんなこと教えてくれないだろ!

Dr. Merlot: You're easy prey. Is that the best you've got? メルロー博士:格好の餌食だな。この程度なのかね?

Dr. Merlot: Nature couldn't make a beast this deadly, so I did! メルロー博士:これほど危険な獣は自然にはできん。だから私がやったのだ!

Dr. Merlot: Those powerful pincers are going to punish you pitiful pupils. メルロー博士:その強力なハサミで哀れな学生をこらしめてやれ。

Dr. Merlot: He's looking hungry. No doubt he'll savor your taste as I savor my victory. メルロー博士:彼は空腹のようだ。そいつが貴様を味わい、私が勝利を味わうのはもはや間違いない!

Dr. Merlot: Make venom rain from the sky! メルロー博士:毒の雨を降らせてやれ!

Dr. Merlot: Plunge that stinger down and don't let up! メルロー博士:その針を突き刺せ!決してやめるな!

Dr. Merlot: This is impossible! You should be getting eaten alive by now! メルロー博士:ありえん!今頃は生きたまま食われているはずだ!

Dr. Merlot: [anxious] C'mon, C'mon. Finish them off already! メルロー博士:[心配そうに]頼む、頼むから、とっとと、そいつらを殺せ!

Yang: You're gonna need a new favorite pet, Merlot. ヤン:新しいお気に入りのペットがいるね、メルロー。

Dr. Merlot: No! Noooo! My one of a kind specimen! This is inconceivable! メルロー博士:馬鹿な!こんなことが!私の唯一無二の検体が!ありえん!

Ozpin: It's all over, Merlot. You've got nothing left. オズピン:もう終わりだ、メルロー。もう君には何も残っていない。

Dr. Merlot: There is something I can do. メルロー博士:まだできることがある。

Dr. Merlot: Let's end this with a bang! メルロー博士:爆発で終わらせようじゃないか??!

Ozpin: Team! Merlot is going to blow up the whole lab. You've got to escape. オズピン:チームの諸君!メルローはラボ全体を爆破するつもりだ。君たちは脱出するんだ。

Yang: Well this was fun, but it's time to go. To the escape hatch! ヤン:まあ楽しかったけど、もう行かなきゃね。脱出ハッチへ!

Ozpin: You've done it! The airship should arrive any moment. オズピン:よくやり遂げた!飛行船は今にも到着するはずだ。

Ozpin: I'll see you as soon as you land safely back at Beacon. オズピン:ビーコンに無事戻ったら、すぐにまた会おう。


汎用台詞1:戦闘終了後 Ruby: Good job, team! ルビー:やったね、みんな! Ruby:[EXPLOSION SOUNDS] ルビー:[爆発音の物まね] Weiss: And done. ワイス: 終わりですわ。 Weiss: A+ ワイス: A + Blake: Enemy down. ブレイク:撃破した。 Blake: It's over. ブレイク:終わり。 Blake: [EXHALES]. ブレイク:[息を吐く音]。 Blake: Done. ブレイク:完了。 Blake: Another battle won. ブレイク:また勝ったわ。 Yang: Takin' out the trash. ヤン:これがゴミ出しさ。 Yang: That's how it's done. ヤン:これでどうだ。 Yang: Didn't even break a sweat. ヤン:汗ひとつかかなかったね。


汎用台詞2:レベルアップ時 Ruby: Banzai! ルビー:バンザイ! Yang: Niccce! ヤン:いーね! Yang: Now we're talking'! ヤン:そうこなくちゃ!


汎用台詞3:チーム・アタック時(実行?) Ruby: That was awesome! ルビー:サイッコー! Ruby: [makes kung-fu noises] ルビー:ホオ~ハイハイハーヤー Ruby: Oh yeah!(レベルアップ時?) ルビー:オゥ イエー! Ruby: Oh, that makes me dizzy. ルビー:うう、めまいがしてきた。 Weiss: Aw, too cold for you? ワイス:あら、凍えてしまったかしら? Weiss: Another perfectly timed move. ワイス:完璧に隙をつきましたわ。 Weiss: And that's why they call me the Ice Queen. ワイス:だから、氷の女王と呼ばれてますの。 Weiss: That was textbook form. ワイス:お手本みたいな構えですわ。 Blake: You never saw it coming. ブレイク:予想外でしょうね。 Blake: I strike from the shadows. ブレイク:死角を突いたわ。 Blake: One less monster. ブレイク:一体仕留めた。 Blake: Gets'em every time. ブレイク:誰も立てはしない。 Blake: Didn't see me did you? ブレイク:見えなかった? Yang: Taste my fist! ヤン:あたしの拳を味わいな! Yang: You're not so tough! ヤン:あんま強くないね! (Yang:Ouch. 実際には別の台詞↓) (ヤン:この程度か。) Yang: Pow, right in the kisser! ヤン:顔に一発お見舞い! Yang: Did that tickle? ヤン:くすぐったかった?

汎用台詞:ボスを倒した時? Blake: One less monster. ブレイク:一体仕留めた。 Blake: Good riddance. ブレイク:厄介払いね。 Yang: Chalk one up for the good guys. ヤン:イケてるほーに1点追加。


汎用台詞4:アーティファクト入手時 Ruby: Look what I found! ルビー:こんなの見つけたよ! Ruby: Ooooh, neat. ルビー:うーーん、スッテキ。 Weiss: Another one for my collection. ワイス:わたくしのコレクションがまたひとつ。 Blake: Let's take this back to Beacon. ブレイク:ビーコンに持ち帰りましょう。 Blake: This is coming with us. ブレイク:これは持っていくわ。 Blake: Huh, look at this. ブレイク:ふん、どう思う? Yang: Check this out! ヤン:これいいじゃん! Yang: Gotcha! ヤン:もーらい! Yang: Found a thingy! ヤン:何か見っけ! Yang: Helloooo. ヤン:ハロ~~~。


汎用台詞5:挑発(taunt) Ruby: Oh yeah! ルビー:オゥ イエー! Weiss: Perfect form. ワイス:これぞ完璧な構え Blake:better and better. ブレイク:多少はマシね Yang: Booya. ヤン:どーだ!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki