FANDOM


"Red Like Roses"ルビー・ローズのテーマ曲。"Red" Trailerで使用されている。RWBY: Volume 1 サウンドトラックに収録。

曲の構成編集

曲は70BPMのテンポで始まり、アコースティックギターによる独特の悲しげなメロディからヴァース(詩)へと繋がる。

ヴァースの後に、曲はトレイラーのバトル部分に合わせて200BPMにテンポアップする。ストリングスと激しいパーカッションをバックにスパニッシュ風のアコースティックギターソロが入り、曲にロマンティックかつエキサイティングな要素を与えている。

つかの間の休止が入ったあと、曲はより早いテンポとなり、ストリングスによるイントロ部分のアレンジメロディが演奏される。

イントロとヴァースの前半部分はBマイナーであり、ヴァースの後半部分("Black the beast..."から)ではDマイナーに変化する。ギターソロの大部分はそのままDマイナーだが、イントロのアレンジ部分の開始時に元のキーに戻ったあと、最後は再びDマイナーに変化する。

ヴァースとアレンジ部分はテンポは異なるが4/4拍子であり、ギターソロは6/4拍子である。

イントロのメロディはルビーを表すライトモチーフになっており、このメロディのアレンジはVolume 1の、特にルビーに焦点が当たる場面で度々使用されている。

歌詞編集

英語版wikiへ

訳詞(本Wiki独自)編集

薔薇の如し赤は夢を埋め貴方の寝床へ導く
冷たき白は熱望し王者の試練に苦しむ
黒き獣は闇より這い出す
黄の美しく燃ゆるは黄金なり

トリビア編集

  • 本曲は赤、白、黒、黄の色になぞらえて4人のメインキャラクター達のことを歌っている。
  • 同じくVolume 1サウンドトラックに収録された"Red Like Roses Part II"は本曲の"赤"の部分を掘り下げた曲となっており、"Players and Pieces"でルビーがネヴァーモアを倒すシーンで使用されている。
  • "RWBY: Grimm Eclipse"では本曲のインストゥルメンタルバージョンがBGMとして使用されている。
  • "Red Like Roses Part II"の歌詞とJeff Williamsの説明から判断すると、本曲の一節目の歌詞は以下のようにルビーのこととサマー・ローズの死について言及していると考えられる。
    • "Red like roses"(薔薇のような赤) は血の暗示である。
    • "Fills my dreams"(私の夢を満たす) は、ルビーが、サマーが亡くなった日のことを夢に見ることを意味している。
    • "And brings me to the place you rest"(あなたの眠る場所へ私を導く) は、ルビーがサマーの墓所を何度も訪れる理由は、サマーに関する記憶のためであるということを意味している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki