FANDOM


"Time to Say Goodbye"RWBY Volume 2のオープニングテーマ。iTunesでは2014年5月21日にリリースされている。

エレクトロニック・ダンス調の"James Landino's Beach Bae Remix"と共にRWBY: Volume 2 サウンドトラックに収録されている。 また、オーケストラとピアノによる"Acoustic"版がRWBY: Volume 3 サウンドトラックに収録されている。

曲の構成編集

曲はストリングスとピアノを伴奏としたCasey Lee Williamsのボーカルで始まり、コーラス部に入ると共にドラム等のスタンダードなロックの構成が加わる。最初のコーラスの後は、ギターとストリングスの二重奏が入り次のヴァースへと繋がっていく。曲は激しさを増していき、ギターの演奏がCaseyのボーカルをリードする。

2つ目のコーラスの後は急にゆっくりとした曲調になり、ドラムとストリングスによる荘厳な雰囲気の伴奏となる。このセクションの後にアップテンポなギターソロが入り、最後にエネルギッシュなコーラスで終わりを迎える。

本曲は独特の構成を含んでおり、ヴァースがGマイナー、コーラスがEマイナーであるのに対してブリッジ部はGメジャー(ヴァースに対して同主調、コーラスに対して平行調)となっている。

これらのセクション間でのキーの変更は、歌詞に関連した心理面を強調している点が興味深い。例えばブリッジ部の"Pointed at the enemy / So someone else can claim a victory"の間でテンポが徐々に落ちていくのに合わせてキーがGメジャーからGマイナーに変化する。これにより歌詞に込められた不安な感情を表現している。

歌詞編集

英語版wikiへ

訳詞(本Wiki独自)編集

トリビア編集

  • 本曲のシングルリリース時のカバーアートワークはKristina Nguyenによって描かれており、Volume 2のポスターにも使用されている。このポスターはRooster Teeth storeで購入可能である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki